こいつが本命!! 大きくなったミニ・クロスオーバーに乗って欧州エコカーの真髄を叩き込まれた!

 2017年3月にフルモデルチェンジされたミニクロスオーバーは、その大きさについて「この大きさはもはや〝ミニ〟ではない」、などと揶揄されたものだが、今や〝ミニ〟は大きさをイメージするのではなく、新しい時代の自動車ブランドになっているのだ。

 そんななかで、「大きくなったミニのなかでも最も大きい最新クロスオーバー」に乗ってみると、欧州が本気で作ったPHEVの真髄を発見。以下、それをご紹介したい。

文:ベストカー編集部(本誌宇井)
ベストカー2017年7月10日号


■新型ミニクロスオーバー、まずはディーゼルのみ、の衝撃

 2017年2月、2代目となるミニクロスオーバーの日本仕様が発表され、まずはディーゼルが発売、のちにハイブリッドが追加されることが明らかにされた。

 当面ディーゼルだけに絞られることに驚かされたが、先代モデルでは実に7割がディーゼルということもあり、売る側としてはある意味まっとうな判断ということもできる。

 実際、日本のマーケットを見ると、特に日本車にかぎれば、「コンパクト」「ハイブリッド」「自動ブレーキ」(アシスト)が人気御三家で、これに続いて「多人数乗車」「ディーゼル」「SUV」といったキーワードが並ぶ。

 新しいミニクロスオーバーはこのうち「ディーゼル」と「SUV」、「自動ブレーキ」が当てはまり、今後さらに「ハイブリッド」も加わるのだから、売れないわけがないといってもいいほどだ。

 ま、最終的に日本車ならこれで250万円以下、という条件がつくわけだが、新しいミニクロスオーバーは、日本で売れる多くの要素を持っているのは間違いない。

 今回そのミニクロスオーバーの、個人的には本命とも思えるプラグイン・ハイブリッド車両に乗るチャンスに恵まれた。正式名は「ミニクーパーSEクロスオーバー オール4」。

 すでにオーダーも受け付けていて、早ければ7月からデリバリーも開始されるそうで、当初の予定よりも早く日本に導入されそうだが、ひと足早くちょっと遠方のスペイン・バルセロナでその魅力を探ってみた。

ミニクーパーSEクロスオーバー オール4

■なぜ「プラグインハイブリッド」が本命なのか

 本命という理由は、走る楽しさ、それに環境対応と運転支援システムなどトータルで考えると、ディーゼルモデル以上に、今求められる技術が凝縮されているように思えるからだ。

 価格的にもディーゼルの最上級グレードクーパーSDクロスオーバー オール4よりも4万円安い479万円。

 このハイブリッドシステムはBMW2シリーズに採用されているものとほぼ同じで、1498cc、直列3気筒ターボ、136psエンジンをフロントに、88psのモーターをリアに設置。

 トータル出力224psというパフォーマンスを誇る。このパフォーマンスの高さがハイブリッドのイメージを変えることに成功していて、燃費と走りの楽しさを両立していることが実感できる。

後ろからみたミニクロスオーバー

■モーター走行だけでも3パターンあり

 今回の試乗コースは250㎞程度。バルセロナ市街地を抜け、高速道路を走り、ワインディングを延々と走るというものだ。

 まず、市街地では今回のミニの特徴であるモーターだけで走行するeDRIVEモードで走る。このeDRIVEモードもAUTO eDRIVE(80km/hまでEV走行)、

 MAX eDRIVE(125km/hまでEV走行可)、それにSAVE eDRIVE(バッテリー残量を90%に維持)の3パターンあり、当面AUTOで走行。

 市街地では、まったくのEVで、滑らかで静粛。モーターのトルクも充分で神戸のように山側に向かうとけっこう急な坂道があるにもかかわらず、軽快に走る。

 サスペンションもごつごつせず乗り心地もいい。高速道路に入って、エンジンが始動しても、それほどエンジンがうるさくなるわけでもなく、いたって平和。

 アクセル開度によりエンジンが停止したり、またかかったりするが、気づかないほどのスムーズさで、同時に前後輪で別々にエネルギーを回生し、蓄えるので、バッテリー残量の減りも少ない。

モーター走行で3パターン存在する

■「走りの楽しさ」が刻み込まれるPHEV、やっぱりすごい

 このミニがイメージを変えるのはワインディングに入ってからだった。シフトタイミング、アクセルやステアリングレスポンスなどが制御できる走行モードはグリーン、ミッド、スポーツの3種類あり、スポーツモードに切り替えると、

 たちまちSUVからスポーティモデルに変身する。全長が4315mm、全幅1820mm、全高1595mm(日本のSDグレード)という大きさを感じさせないアグレッシブな走りをみせる。

 組み合わせられるのは6速ATながら、手元のパドルシフトを駆使すれば、ワインディングを意のままに走る。

 グリーンではジェントルな乗り心地を提供してくれ、のんびり優雅に走っていたのに、この豹変ぶりはうれしい驚き。

 すれ違いがぎりぎりの細いワインディングをベンツのバンが挑むかのように、相当なスピードで爆走する場面があった。

 多分日本では考えられないほどのスピードで、下りは想像を絶するほどだったが、当然まったく無理なくついていけるし、ブレーキも別段強力にかけるわけでもない。なんだバンか、と思う方もいるだろうが、現地の飛ばし屋は桁が違う。

 話はそれたが、これで燃費は14km/Lほど。本来EV走行で40kmほど走れ、満充電にするには200Vの家庭用電源で3時間強、「BMW I Wallbox」で2時間強。日本的な使い方であれば、ほぼEV走行だけでいける。

 プラグインはプリウスやアウトランダーで日本でも実践されているが、クルマ本来の楽しさを持ったハイブリッドという意味で、このクロスオーバーは外せないと思った。


  • ◎MINI COOPER S E CROSSOVER ALL4 PHVハイブリッド 479万円
  • ◎MINI COOPER D CROSSOVER ALL4 ディーゼル 414万円
  • ◎MINI COOPER D CROSSOVER ディーゼル 386万円
  • ◎MINI COOPER SD CROSSOVER ALL4 ディーゼル 483万円
  • 全長4135mm×全幅1820mm×全高1595mm 
  • ホイールベース2670mm
  • 車重1660kg(欧州仕様)
  • 動力機構直列3気筒DOHCターボ+モーター
  • エンジン排気量1995cc
  • 最高出力136ps
  • 最大トルク22.4kgm
  • モーター出力(後輪)88ps/16.8kgm
  • トランスミッション8速AT
充電時間はBMW製の充電器で2時間ちょっと。
満充電で、モーターのみで40kmの走行が可能。電池はリチウムイオン  

最新号

ベストカー最新号

【核心スクープ】新型WRX STI情報入手!!!|ベストカー 2020年3月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、スバルが新開発する水平対向4気筒ターボエンジンが搭載される新型WRX STI情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、新型グランエース、新型ハスラー…

カタログ