レクサススポーツヨットど迫力試乗 LCのV8エンジン2機搭載!!乗ったぜ!!!! 

レクサスが本気で作った、世界に1艇しかないスポーツヨットが東京湾に出現!! 心臓部にLC500にも搭載される5L、V8エンジンを2基収めた、“レクサス史上最も高価かつ豪華な乗り物”は、いったいどんな走りをみせるのか? 国沢光宏氏が自らハンドルを握りレポートする。
文:国沢光宏/写真:編集部
ベストカー2017年7月10日号


車でいえばレクサスLFA 世界に1艇のスポーツヨット

レクサスがかなり本格的な大型のスポーツボートを作った。わかりやすく説明すると「なんの役にも立たない単にカッコいいだけで数億円するカテゴリー」である。

クルマ業界でいえばレクサスLFAのようなクラスで、世界的に見ても「凄いね!」と言われるほど。

実際、派手さは誰にもわかるのだろう。試乗会(試艇会?)の舞台になった夢の島マリーナからレインボーブリッジあたりを走っていると、まぁ目立つのなんの!!

デザインは皆さん写真を見て「オランダの木靴みたいなスタイルですね~」と思うかもしれない。

確かに奇妙なシルエットだけれど、このクラスになると存在感が何より重要。ハル(フネは艇体をハルと呼ぶ)のカラー含め、なかなか面白いんじゃなかろうか。

モーターショーのコンセプトカーやファッションショーのTOPモードと同じ。モナコやカンヌ、フロリダあたりに持っていってもイケそうだ。

価格は数十億円!? エンジンは5L、V8を2機搭載

ちなみに価格は野暮な質問かもしれない。高くて買えないですから。とはいえ知りたい情報だと思うので聞いてみたら

「ワンオフ艇なので二桁の億かかってます」

このカテゴリーの商品として売るのなら3億~4億円かと。エンジンはLC500などに搭載されている5LツインカムV8の450馬力×2。

42フィートあることを考えれば、少々控え目。800馬力×2くらい欲しいところです。

LCやFモデルに搭載されるV8、5Lエンジンを2基搭載。450馬力×2ということだが、全開時のサウンドは「F」を彷彿させる

次ページ:肝心の『走り』はどうだ!?

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ