【緊急入電!!】掴んだ!! 新型レガシィB4&アウトバック、9/4マイチェン実施!!

【緊急入電!!】掴んだ!! 新型レガシィB4&アウトバック、9/4マイチェン実施!!

2017年9月4日にも、スバルのレガシィシリーズ(B4&アウトバック)がマイチェンを実施する、という情報がスバル販売店より入ってきました。かなり詳細な情報をキャッチしましたので、以下、整理してお伝えいたします。
文:ベストカーWeb編集部



■スバルらしく、きっちりスケジュールどおりにマイチェン実施


スバルのレガシィB4&アウトバックといえば、現行型は2014年10月に発売されています(その時点でツーリングワゴンは正式に廃止され後継車であるレヴォーグへが登場)。以後、2015年9月、2016年9月と1年ごとに一部改良を繰り返しており、今年9月にはマイチェンを実施して新型を投入するスケジュールのようです。

(なお9月4日は発表のみで発売は10月30日を予定しているそう)


こちらはセダンのB4(従来モデル)。ここからさらに精悍なマスクになる予定


スバル公式サイトのレガシィB4およびアウトバックの
ページ
には、すでに同モデルの受注生産が中止されている旨が表示されている(在庫販売はもちろん可能)。次期モデルの先行予約も開始されており、各販売店には新型の資料が配付されていることもわかる

注目の変更内容は、内外装のデザイン(スバルのアイデンティティを従来以上に強調した新造形のLEDヘッドランプとフロントグリルを採用予定)、サスペンションのチューニングやCVTの特性と多岐にわたっており、特に操縦安定性と乗り心地が進化するもよう。

また最も気になるのはレヴォーグとWRX S4に搭載された新型の「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載されるかどうかだが(現時点では「アイサイトVer.3」が装着されている)、いまのところ入っている情報では「アイサイトはVer.3のまま」ということになっている。

来年以降の一部改良に持ち越しなのだろうか。だとしたらちょっと残念。

とはいえセダンのB4、クロスオーバーSUVのアウトバックと2車種合わせてのマイチェンなので、販売にも力が入るだろう。


こちらはレガシィアウトバック。2.5L水平対向4気筒エンジンを搭載

最新号

ベストカー最新号

S-FRに代わるトヨタの小型スポーツ計画、オーリスターボのデザイン判明!! 『ベストカー』1月10日号

 いつもより1日早く、12月9日に、2018年最初のベストカー1月10日号が発売となりました。今号は、トヨタS-FRに代わる新たなスポールスポーツ計画を、スクープ班が独自入手。その詳報をスクープ...

カタログ