スバル土壇場で発表! 東京オートサロンに「あのクルマ」のSTI版登場!?

 2018年1月12日(金)〜14日(日)に幕張メッセで開幕する東京オートサロン2018、昨年末から国産各メーカーが出品概要を発表するなか、開幕直前にラストバッターとしてスバルが出品車を発表。その内容がなかなかスリリングで仰天ものでした。以下、その概要を速報でお伝えします。
文:ベストカーWeb編集部


■スバルの次世代スポーツセダンのさらなる進化版が登場

 今回、STIと共同出展となるスバル。メインブース車両として出品されるのは、なんと昨秋の東京モーターショーで中心車種として発表された「VIZIVパフォーマンスコンセプト」のSTIバージョン。

 登場に先立ち1点だけティザー画像が発表されたが、確かにグリル下部には「STI」のエンブレムがあり、モーターショーに出展された「VIZIV」よりもさらにソリッドなスポイラーが見える。

スバルから公式に発表されたティザー画像
スバルから公式に発表された「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPTのティザー画像

 以下はスバルの公式出展概要リリースより、このモデルの紹介部分を引用しよう。

「第45回東京モーターショー(2017年10月開催)に出品した【SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT】をベースに、STIが約30年に渡り、モータースポーツ活動やコンプリートカー開発などで培った様々なノウハウを込めたコンセプトカーです。

 専用のフロントバンパー、サイドシルスポイラー、トランクスポイラーは、STIコンプリートカーらしいハイパフォーマンスをイメージさせるとともに、空力特性の向上により走行安定性を高めるなど、クルマ本来の性能にも磨きをかけ、高いレベルで安心と愉しさを実現しています。

 SUBARUのクルマ作りのフィロソフィーである「走りを極めれば安全になる」という考え方のもと、世界トップレベルの走りを目指し、情熱と夢を注ぎ込むSTIの「挑戦」を形にしています」

 本誌ベストカーが掴んだ情報によれば、東京モーターショーに出品されたVIZIVパフォーマンスコンセプトは「次期WRXのデザインベースモデル」。今回のオートサロンで「そのVIZIVのSTI版」が出品されるとなると、それこそ「次期WRXのSTIバージョン」に近いスタイリングとなるはずだ。

こちらは昨秋の東京モーターショーに出品された「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」。これにさらにSTIがチューニング&カスタマイズを加えたコンセプトカーがオートサロンに登場する
こちらは昨秋の東京モーターショーに出品された「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」。これにさらにSTIがチューニング&カスタマイズを加えたコンセプトカーがオートサロンに登場する

■STIスポーツにさらに「STI盛り」した2台も出品

 また、スバル&STIは上記のほかにも「レヴォーグSTIスポーツ STIパフォーマンス」、「BRZ STIスポーツ STIパフォーマンス」という2台のカスタマイズモデル(参考出品のパーツ装着車)も出品すると公表。

 どちらも「STIスポーツ」というトップグレードは市販済みだが、それにさらなるSTIのパーツ(フレキシブルタワーバーやフレキシブルロースティフナー、各種エアロパーツなど)を装着。

 このほか歴代の開発者やドライバーによるトークショー、スバルスターズによるSTIパーツ紹介、STIグッズの物販など盛りだくさんのブースになるとのこと。

 スバル、ここにきてかなり「攻めた」展示になるもよう。会場で見るのが楽しみだ。

 

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ