トヨタRAV4凱旋復活!! 世界初披露&日本登場は2019年春!!

 2018年3月28日、トヨタはアメリカで開催されるニューヨーク国際自動車ショー(3月28日〜4月8日)において、新型RAV4(アメリカ仕様)を世界初披露する、と発表した。

 公式リリースとともに公式写真も配布。以下、その概要と登場時期をお伝えしたい。
文:ベストカーWeb編集部


■初代は革命的なモデルだった

 トヨタ初代RAV4といえば、1989年の東京モーターショーで「RAV-FOUR」の名前でコンセプト出品され、93年の東京モーターショーでプロトタイプが披露、94年5月に市販モデルが発表・発売された、シティ派SUVの元祖的存在。

今回公表された新型RAV4。このぐわっとしたグリルはトヨタの北米仕様SUVによく見られるデザインイメージ
今回公表された新型RAV4。このぐわっとしたグリルはトヨタの北米仕様SUVによく見られるデザインイメージ

 コンパクトなボディとキュートなスタイルで若々しさを演出し、95年には(デビュー時の3ドアモデルだけでなく)5ドア仕様も追加。大ヒットモデルとなった。

 2000年5月には2代目が登場。世界戦略車となったことでボディサイズは拡大し、2005年11月登場の3代目もその路線を踏襲。日本市場の月販目標台数は2000台だったがグローバルの月販目標は25000台だった。

 この3代目のまま日本市場では2016年7月に販売終了。いっぽう北米・欧州市場では2013年に登場した4代目が販売されており、現在も売れ筋SUVとして存在感を強めている。

 ちなみに、近年、RAV4が世界的にどれくらい売れているかというと、グローバル販売で累計約812万台(2017年末時点)、アメリカだけで累計約318万台を売っており、特に2017年は年間累計グローバル販売台数約80万台、アメリカでの年間販売台数は約41万台に達し、アメリカで「すべてのSUVのなかで最も販売台数が多いモデル」となり、さらに「トヨタ車のなかで最も販売台数が多いモデル」となった。

 そりゃもう海外中心の商品戦略になるのは仕方ない。

 さておきそんなRAV4の新型(5代目)が、ニューヨークショーに登場した。

 それも、このモデルから日本市場に復活販売させるとトヨタが公式に発表。

 世界的なSUVブームを背景に、ハリアーとC-HRの中間的モデルとして登場することになる。以下、公式発表資料をもとに、新型RAV4のデータを紹介する。

こちらはリアスタイル。よりオフロード志向を強めたフォルムになっている
こちらはリアスタイル。よりオフロード志向を強めたフォルムになっている

■エンジンは2.5ガソリンと2.5ハイブリッド

 今回公開された新型RAV4のスタイリングで最大の特徴といえば「アウトドアらしさ」を強めたこと。デザインコンセプトは「Adventure&Refined(冒険と洗練)」。オフロード性能を高めつつ、都市型SUVらしさも踏襲して街中でも違和感なく溶け込むようなフォルムを目指している。

 公表された写真を見るかぎり、2タイプのフロントマスクが用意されている(ガソリン仕様とハイブリッド仕様の違いだと思われる)。

おそらく「ガソリン仕様」と「ハイブリッド仕様」で顔が違う仕様になると思われるが、もしかしたら「都市型」と「アウトドア型」かもしれない
おそらく「ガソリン仕様」と「ハイブリッド仕様」で顔が違う仕様になると思われるが、もしかしたら「都市型」と「アウトドア型」かもしれない

 トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」を採用しており、ボディサイズは以下のとおり。

【新型RAV4 ボディサイズ(アメリカ仕様)】
全長4595×全幅1855×1700mm、ホイールベース2690mm

【参考】
トヨタC-HR 全長4360×全幅1795×1550mm、ホイールベース2640mm
トヨタ ハリアー 全長4725×全幅1835×1690mm、ホイールベース2660mm
日産 エクストレイル 全長4590×全幅1785×1685mm、ホイールベース2630mm

 パワーユニットも公表されており、アメリカ仕様は直4ガソリン仕様の2.5Lエンジンと、2.5Lハイブリッド仕様の2タイプ。4WDシステムはガソリン仕様には新開発のダイナミックトルクペダリングAWD、ハイブリッド仕様には新型E-Fourが組み合わされる。

 予防安全装備として全車に第2世代トヨタセーフティセンスが装備されるとのことで、価格設定はやや高めと予想する。

 発売時期は、アメリカで2018年末頃(ハイブリッドは2019年初頭)、日本市場には2019年春頃、と公表された。

 トヨタのSUV戦略のカギを握るモデルだけに、かなり気合いの入った開発資源が注ぎ込まれた新型RAV4。日本での発売時期もはっきり示されただけに、楽しみに待ちたい。

 なお初代RAV4の頃から真っ向ライバルであり、今もアメリカ市場で火花を散らす販売合戦を繰り広げているホンダCR-Vは、こちらも2016年3月に日本市場での販売を終了しているものの、今年夏頃に復活・日本導入予定。また2台の対決が見られると思うと、こちらも楽しみ。

内装も公開された。使い勝手のよさそうなインパネ回り。ホンダの次期型CR-Vは3列シート仕様が用意されると公表されているが、RAV4はどうなるのか、その点はいまだ公表されていない
内装も公開された。使い勝手のよさそうなインパネ回り。ホンダの次期型CR-Vは3列シート仕様が用意されると公表されているが、RAV4はどうなるのか、その点はいまだ公表されていない(2列シートのみの可能性が高い)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ