プリウス現行型登場以来最大の変更「すっきり顔」の是非は!?

■「おとなしい顔」になって新型デビュー

 2018年12月17日、現行(4代目)プリウスが2015年12月の発売以来最大のマイナーチェンジを実施した。

新型プリウスA“ツーリングセレクション”(300万6720円)。写真は新色のブルーメタリック

 大きな変更点は以下のとおり。

◎フロントマスクおよびリアライト周りのデザイン変更
◎内装に(プリウスPHVでオプション装備されていた)縦型大型ナビをオプション設定
◎コネクティッドサービスを提供
◎安全技術パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車標準化
◎(安全装備等の充実により)7万〜9万円の値上げ

リアデザインも、ライト周りが大きく変更された

 まず当サイトで先ごろ報じていた「(新型は)片側4連LEDを採用」という情報は間違っていたことをお詫びしたい。申し訳ありませんでした。

こちらは従来型(マイチェン前)のプリウス。こうして比べると、だいぶおとなしくなったのがわかる。ライト周りの変更なので、おそらく夜間に見るとさらに印象が違うはず

 上記のほかには、駐車場などから後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーにより、注意を喚起する【リヤクロストラフィックアラート】をオプション設定したり、またスマートフォンアプリ「LINE」にマイカーを「友達」として追加することで、ナビの目的地登録や航続可能距離の確認などができるLINEマイカーアカウントを設定できるようになったところに新規性がある。

 個人的には(上級グレードに設定されている)フロントコンソールトレイ内に設置された「おくだけ充電(ワイヤレス充電)」のスペースを拡大し、大型スマートフォンにも対応した変更が、細かくてもなかなか気が利いていると感じた。

センターコンソール中央に設置された11.6インチのフルHD静電式縦型タッチディスプレイが目を引く。これまでPHVにはオプション設定だったが、新型からはプリウスにもオプションとして用意された

 その上で、今回の最大のポイントはやはり、これまで大きな特徴であったフロントマスクの変更にある。

 先般より予告されていたとおり、これまで縦に大きく切れ込んでいたヘッドライトを「そのまま処理」に変更し、およなし「顔」になっている。

 今回のマイチェンにより、ここ最近「車種別月販台数ランキングベスト5」から外れていたプリウスが、再び圏内に返り咲くことができるのか。

 年末年始の繁忙期に注目したい。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ