衝撃!! コペンGRコンセプト世界初披露!! トヨタでもダイハツでも販売

 2019年1月11日(金)より開幕した東京オートサロン2019(幕張メッセ)にて、ダイハツブースとトヨタブースに「コペンGRコンセプト」がサプライズ出品された。事前予告はなく、これには詰めかけた記者たちも驚き、あわてて資料を集め解説員などに取材。

 以下、その概要をお伝えしたい。

文、写真/ベストカーWeb編集部


■世界初披露、正式発売は2019年内!!

 まさかのサプライズ発表により、あわてて幕張メッセから更新する。

 今回世界初披露された「コペンGRコンセプト」は1年半ほど前からダイハツ主導で開発が進められ、GR(つまりトヨタのモータースポーツ部門およびスポーツカー開発部門)に相談、評価を受けて市販化をめざし制作中とのこと。

こちらはダイハツブースに出品されたオレンジバージョン。ダイハツブースとトヨタブースの解説員で微妙に話すことが違うところがおもしろい

 なにより注目なのは、ダイハツ、トヨタ両ブースの解説員ともに「市販前提です」と明言しているところ。時期まではまだ公表できないとのことだが、コンセプトカーの完成度の高さから2019年内であることはほぼ間違いない。

 今回出品されたのは「GRスポーツ」であり、GRブランドのなかでは最もライトチューニングなグレード(チューニングの度合いで「GRMN」>「GR」>「GRスポーツ」とブランディングされている)。

会場内でも一番人気のコンセプトカーとなった。近くで見ると、これほど完成度が高いならすぐ発表しても問題なさそうだとわかる。開発は最終段階に入っているはず

 ベースグレードとの細かい仕様差は公表されていないが、「GRスポーツ」ということは市販版は専用アルミホイール、エアロパーツ、足回り等のライトチューンになりそう。発表されたあかつきにはトヨタディーラーでもダイハツディーラーでも販売される予定だという。

 うううん、楽しみ。

 とはいえ実際に東京オートサロンのブースで解説員に取材してみると、「まずはこれを出してみて、この先の反響を知りたいとおもいます」と口をそろえていることに注目したい。 

 エンジンやミッション、軽量化など本格的に手を入れるメニューも当然社内では検討されているようなので、これは(ダイハツとGRの協業の)「第一弾」と考えるべきだろう。

こちらはトヨタブースに出品されているコペンGR。並みいるGR版のなかでも独特のオーラを放っている。ダイハツからは公式リリースが出されたが、トヨタからはなし。なるほど

 一部繰り返しになるが、正式発表発売は2019年内が濃厚。楽しみに待ちたい。

 また、いきなり今回の東京オートサロン最大の注目車となったコペンGR。ダイハツブースとトヨタブースに出品されているので、開催期間中(1月11日(金)~13日(日))お時間ある方はぜひ幕張メッセまで見に行ってみましょう。

【コペンGRコンセプト発表諸元データ】
全長×全幅×全高 3395mm×1475mm×1280mm
ホイールベース 2230mm
乗員定員 2名
排気量 660cc

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ