日産「X motion」はスカイラインクロスオーバー後継か 次期エクストレイルか!!?


 日産が新型SUVの発売を計画!! 「リカバリープラン」として資料に明示された新型モデル「Xモーション」は、どのような形で量産化へ向かう!?

 日産は2020年2月13日、「2019年度第3四半期決算発表」をグローバル本社(横浜市)で開催。そのプレゼンテーション資料のなかで、なんと一台の新型SUVが「新商品」として提示されたのだ。

 この資料で新商品にあげられた「X motion(クロスモーション)」は、2018年の北米国際自動車ショーで世界初公開されたSUVのコンセプトカー。

 この新たなSUVは、すでに存在する日産車の新型モデルを示唆するデザインスタディなのか? あるいは全く新しい新規車種なのか?

 今後、発売が予定される日産の新たなSUV商品群とともに、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が最新情報をレポートする。

文:遠藤徹
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】日産の新時代SUV!! 超先進的な「X motion」の内外装!!!


X motionはエクストレイルの上級に位置するSUVに!?

2018年の北米ショーで初公開された日産 X motion。ボリューミーなフォルムはややショーカー然としているが、ここからどう市販化へ向かう?

 X motion(クロスモーション)は、次期型エクストレイルの上級に位置するアッパーミディアムのクロスオーバーSUVの仕立てになると思われる。

 SUVジャンルは国内だけでなく、グローバルでもまだまだ成長過程にあり、新世代モデルが相次いで登場する方向にある。

 復権を目指す日産が、今後この分野でフルラインアップによる反転攻勢を目指し、多くの次世代モデルを開発しているのは間違いあるまい。

近未来的なX motionのリアスタイル。ただ、基本的な意匠は最新の日産車に通ずる部分も多々みられる

 2020年に確実に投入するのは、まず6月頃にコンパクトクラスの「キックス」が上げられる。ジュークの後継モデルである。ジュークの発売が2010年6月9日であったから、車検の時期に来るタイミングが好都合との考え方に基づくスケジュール設定と考えられる。

 新型キックスのボディサイズ全長4295mm、全幅1760mm、全高1585mmで、ジュークの4135×1765×1565mmに対してプラス160mm×マイナス5mm×プラス20mmとなる。

 ジュークは尖ったクーペスタイルで、リアのルーフがファストバックレイアウトであったことから室内は後席が狭かったが、キックスはルーフがリアまで併行したオーソドックスなSUVシェルを採用したことで、リア席は格段に広く取っている。

 パワートレインは、改良型ユニットのe-POWERを搭載し量販を目指す。近い将来、追って廉価版の1.5L・NA、次いでスポーツバージョンの1.6Lターボを追加して同モデルのフルラインアップ態勢を整えるだろう。月販5000台規模で同クラスのトップセラーを目指すはずである。

X motionを紐解く日産の新SUVラインナップ

日産「2019年度第3四半期決算発表」のプレゼンテーション資料より

 次に投入するのは電気自動車の「アリア」である。こちらは9月頃の発売が有力である。最新の先進技術を盛り込んだツインモーターの電動4輪駆動システムを搭載したクロスオーバーSUVコンセプト仕立てとなる。

 この電動駆動4輪制御技術は、4WDおよびシャシー制御技術を総合的に制御する。最大トルク680Nmを発揮する。これによって電気自動車分野のトップシェアをさらに確実なものする構えである。

東京モーターショー2019に出展されたアリアコンセプト。こちらも市販化がすでに明らかとなっている

 次期型エクストレイルは2021年早々にもデビューする。

 キープコンセプトのエクステリアデザインでフロントグリルのVモーションメッキと逆台形グリルの組み合わせは、ひと目でエクストレイルと分かる顔つきである。

 ボディサイズは全長4700mm、全幅1825mm、全高1735mmで、現行モデルに対してプラス10×マイナス5×マイナス5mmであり、ややスマート感を出すが、基本的にはほとんど変わらないサイズといえる。

 パワーユニットは2L・NAガソリン、2Lハイブリッド、2.4LのPHEVをラインナップ。駆動方式との組み合わせは2Lが2WD・4WD、PHEVは4WDの2列シートのみとなる。2L・NAはマイルドハイブリッドに切り替えられる可能性もある。

 PHEVは三菱からのユニット供給となる。こちらも月販5000台で同ジャンルのトップセラー復帰を目指す。三菱の次期型アウトランダーは、2020年秋の発売が有力になっている。

 次期型エクストレイルとはプラットフォーム、エンジン、トランスミッションなどを共用するが、ボディパネルや味付けは別仕立てとなる。

次ページは : 新型SUVの車名として「スカイラインクロスオーバー」復活も!?