スポーツカーはどこへゆく!? 極秘情報入手!! 各メーカー新型スポーツ全情報

 日本のスポーツカー市場はさらに盛り上がっていきそうだ。2021年から2023年にかけて、4台のスポーツカーがデビューするからだ。

 トップバッターはトヨタ86&BRZの次期モデル。これまで通り、トヨタとスバルが共同開発中で、エンジンは2.4Lに決定!

 続いて、2020年5月の決算会見でその存在が明らかにされた、新型フェアレディZ。400ps級の3Lツインターボが搭載されるという情報が入っている。

 さらに、FFから4WDに進化する新型シビックタイプRと、520ps級のモンスターFR、スープラGRMN。その2台を加えた全4台のスクープ情報をお届けしよう!


文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
CGイラスト/ベストカー編集部
初出/ベストカー2020年9月10日号

【画像ギャラリー】超絶進化!? 新旧Z 86/BRZ シビックタイプRを写真で徹底チェック!


新型トヨタ86&BRZ:先代からのキープコンセプト!


2021年3月デビュー

現行86&BRZと同様、トヨタとスバルの共同開発によって生まれる新型86&BRZ(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 トヨタとスバルの共同開発により2012年に誕生したFRスポーツが2020年3月、2代目に切り替わる。

 すでに現行BRZは2020年7月に注文受付を終了し、トヨタ86も2020年9月には販売が終了する見込み。

 基本となるシャシーは現行型のキャリーオーバーだが、これまで重ねた改良から得られた知見が生かされ、新型と呼ぶにふさわしい剛性を得たものになる。

 高剛性シャシーに搭載されるエンジンは、2.4L、水平対向4気筒のFA24型。現行型より400㏄増えた排気量はトルクアップに効果が大きく、最大トルクは現行2Lの21.6㎏mから24.5㎏m程度にまで増強、また最大トルク発生回転も引き下げられ、ドライバビリティは大きく向上する。

 残念ながら価格のほうも300万円からと価格アップする可能性が高いが、それだけの価値は充分あるフルモデルチェンジといえるだろう。

スープラを思わせるダックテール形状のトランクリッドがスポーティなリアスタイル(CGイラストはベストカーが製作したもの)

新型フェアレディZ:6速MTで操る400ps級エンジンが痛快!


■2021年3月デビュー

初代S30Zをモチーフにした新型フェアレディZ(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 Z33型と同様、日産再出発の象徴となるのが、早ければ2021年3月にもデビューする新型フェアレディZだ。

 当初は現行Z34型のビッグマイナーチェンジ版といわれたが、フロアのベースとなる部分は生かしつつも、サスジオメトリーの変更も含めたフルモデルチェンジであることが判明した。

 初代S30型を彷彿とさせるデザインのボディに収まるエンジンは3L、V6ツインターボで304ps/40.8㎏m仕様と405ps/48.4㎏m仕様の2種類のエンジンが用意される。

 このエンジン自体はすでにスカイラインに採用されているものだが、スカイラインと異なるのは6速MTも用意されることに注目!

 400ps級エンジンをMTで操る歓びが味わえるのだ。かつての日産を思わせる刺激的なマシンになるのは確実だ。

 価格は400万〜550万円あたりになることが予想される。

特にリアからの眺めに初代S30型Zの面影を感じさせる。新しさと懐かしさの見事なバランスが新型Zの魅力となる

新型シビックタイプR:走りをさらに極めるために4WDに進化


■2022年冬デビュー

ボディ形状の最適化により、ダウンフォースを重視した現行型に比べ、外観デザインはややスッキリした印象になる

 FF最速の称号をかけ、ライバルと熾烈な戦いを繰り広げる現行シビックタイプR。現行モデルのマイナーチェンジ版は2020年10月に登場するが、次期型はさらに世界レベルの走りを実現するため、超進化を果たすことになりそうだ。

 搭載されるエンジンは現行型同様の2L、直4ターボを採用する見込みだが、なんと後輪部分にふたつのモーターが加わるのだ。

 つまり次期シビックタイプRはハイブリッドになるということだ。後輪のモーター出力を加えた総システム出力は実に400ps。

 2つのモーターによるトルクベクタリング制御も行われるというから、コーナリングスピードは圧倒的に速くなるだろう。登場時期は意外と早く2022年の冬。価格は500万円台が予想されている。

ハイブリッド化による重量増を最小限に抑えるべく、徹底した軽量化も行われる

スープラGRMN:200台限定、1200万円級の520psモンスターFR!


■2023年5月デビュー

アグレッシブなフロントバンパーがGRMNの証

 2019年5月に17年ぶりの復活を遂げたスープラ。当然、GRMNモデルの設定が期待されているが、2020年春に3L、直6ターボ車が大幅パワーアップを果たしたことで、逆にその存在に疑問符が付いた。

 だがスープラGRMNは間違いなく登場する。ベースとなるのはもちろん直6、3Lターボモデル。

 最高出力は520ps、最大トルクも62㎏m程度にまで引き上げられ、トランスミッションはBMWの現行M2、M4が採用する7速DCTが組み合わされる予定だ。

 2023年、1200万円級の価格で登場すると予想されるスープラGRMN。200台限定という話もあるだけに、欲しい人は今から貯金をしておこう。

【画像ギャラリー】超絶進化!? 新旧Z 86/BRZ シビックタイプRを写真で徹底チェック!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ