待望の新型アルトワークスがついに登場! 今わかっているスズキ新車戦略のすべて


 軽自動車ではジムニーやハスラー、登録車ではソリオなど、どれも新車を出せば売れる状態が続いているスズキ。

 スズキの2021年は、ラインナップの要となる9代目アルト、アルトワークスのフルモデルチェンジが年末に控えている。

 さらに最重要車種のワゴンRやエスクードなど、今後2年ほどの間に登場するスズキの新型車について、今わかっているすべての情報をお届けしよう。

文/遠藤徹
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 スズキ

【画像ギャラリー】 ファン待望の「次世代スズキ」の新型車たちをベストカーweb謹製のCG画像でチェック!!


新型アルトは2021年末に登場予定

2014年12月に登場した現行アルト

 スズキの新型車は、まずアルトシリーズの世代交代が2021年末に予想される。

 現行アルトの登場が2014年12月22日だから7年ぶりの世代交代となる。イメージリーダーであるスポーツバージョンの「アルトワークス」もほぼ同時にフルモデルチェンジする予定。

新型アルトの予想CGイラスト。次期型は2021年末に登場予定(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

 さらにアルトラパンもセットで次期型の開発プロジェクトが稼働しているはずである。

 アルトシリーズはスズキの軽自動車のクルマ作りの長い歴史の過程で常にリード役を果たしてきたわけだが、最近はトレンドの変遷で軽自動車における主役の座はスーパースペースワゴンのスペーシア、ハイトワゴンのワゴンR、クロスオーバーSUVのハスラーに移っている。

 アルトがオーソドックスで燃費のよい5ドアハッチバック、アルトワークスがスポーツバージョン、ラパンは上級で個性派といったクルマ作りの各基本コンセプトは次期型にも引き継がれるだろう。

 次期型ではプラットフォームを新設し、パワーユニット、駆動系、足回りが刷新される。

 標準タイプのアルトは現行モデルだと、コストを抑えながら軽量化とパワーユニットの高率アップなどで燃費のよさ、80万円台からの設定と車両本体価格の安さをウリとしている。

 しかしながら次期型では100万円を切り90万円台を維持するものの、ベーシックグレードに限定し、主軸グレードは100万円台を超え、20万円前後上乗せした価格設定になると思われる。

 地球温暖化に対応させるための電動化、安全対策強化などでの開発コストが嵩んでおり、従来のような燃費重視はトレンドに合わなくなっているためである。

 電動化はスズキの場合、マイルドハイブリッドを実用化し、すでに軽自動車分野ではスペーシア、ワゴンR、ハスラーに搭載し、中心的なパワーユニットになっている。

 また安全対策は予防安全で安全パッケージの「スズキセーフティサポート、衝突安全対応の「TECT」などで対応し、これらの採用で従来アルトの低コスト、軽量化を図る。

 2030年代では純ガソリンエンジンの廃止で、フルハイブリッド化が進んでいくが、今回は間に合わず次の世代に行われると見ている。

最後の純ガソリンスポーツ車!? 新型アルトワークスも用意される!

数少ない軽自動車のホットハッチ、現行アルトワークス

 現行モデルのアルトワークスは、軽のホットハッチとして貴重な存在。2030年代には、軽自動車も純ガソリン車の新車販売が禁止されるため、純ガソリン車最後の軽スポーツモデルとなるかもしれない。

 軽自動車の場合、最高出力が64psの自主規制がある訳だが、あとは最大トルクをいかに稼げるかの課題。これをボディ剛性や足回りの強化、ハンドリング、スポーツタイヤとのマッチングでどこまでレベルアップを図れるかであろう。

新型アルトワークスの予想CGイラスト。軽自動車のホットハッチとして次期型も用意される(予想CGイラストはベストカーが製作したもの)

 搭載されるエンジンは現在のR06A型からターボとしては初のR06D型へと進化。このR06D型はすでにNA版がハスラーなどに搭載されている。

 ボア×ストロークが異なる別モノで、ロングストローク化されたことでより中速域のトルク特性が改善され、燃費とレスポンスが向上する。

 その一方で、スズキがコペンやS660に対抗する2シーターオープンモデルの開発をしているという情報もスズキ関係者から聞いている。

 コロナ禍による景気悪化もあり、今後どうなるかわからないが、情報が入り次第、お伝えしていこう。

次ページは : 次期アルトラパンは2022年中盤か

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ