日本では終売なのに! えっ!? WRX STIの2021年モデルが北米で発売!


 日本では、2L水平対向ターボエンジンを搭載した最後のモデル「ファイナルエディション」を限定発売し終売したスバル『WRX STI』。なのだが、米国部門のスバルオブアメリカは2020年12月10日、2021年モデルの『WRX』と『WRX STI』を2021年3月に米国市場で発売すると発表。

 搭載するエンジンは2.5L水平対向ターボエンジン。WRXが「ベースモデル」「プレミアム」「リミテッド」、WRX STIが「ベースグレード」「リミテッドウイング」「ロープロファイル・トランクスポイラー」を設定するとした。

 なぜ日本では終売したのに、北米だけ2021年モデルを登場させたいのか!? 新たに登場する2021年モデルがどういったモデルなのか? スバルが抱える日本と北米の事情の違いについて、日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材する桃田健史氏が考察していく。

文/桃田健史
写真/SUBARU、編集部

【画像ギャラリー】日本で新車はもうちょっとお預け!? 現行WRX STIを見る!


■「アメリカファースト」の印象色濃く

 なぜ日本では消えて、アメリカで存続するのか?

 スバルのアメリカ法人、スバルオブアメリカ(SOA)は現地時間の2020年12月10日、『WRX』と『WRX STI』の2021年モデルを2021年3月に発売すると発表した。

WRX(写真右)が「ベースモデル」「プレミアム」「リミテッド」、WRX STI(写真左)が「ベースグレード」「リミテッドウイング」「ロープロファイル・トランクスポイラー」を設定するとした

 一方、日本市場では周知のとおり、第46回東京モーターショー(一般公開:2019年10月25日~11月4日)に『EJ20 ファイナルエディション』プロトタイプが公開され、同年12月23日まで限定555台の注目受付を終了した。

 市場の違いや、仕様の違いなど、さまざまな理由はあるにせよ、アメリカでのWRX STI新モデル登場のニュースを日本人が聞くと、WRX STIの日米におけるスバルの商品戦略に対して、改めて疑問を持つユーザーが多くいるのではないだろうか。

 その疑問を解くカギとして、まずSTI(スバル・テクニカ・インターナショナル)の基本方針からご紹介したい。

 STI本社(東京都三鷹市)で平岡泰雄社長に2020年7月、STIの過去・現在・未来について詳しくお話を聞いたことがある。インタビューの際、スバル本社(東京都渋谷区恵比寿)で、EJ20 ファイナルエディションの広報車を借りてSTIに向かった。

■STI平岡社長は「スバルフィロソフィーの定着を目指す」と強調

 まず、「STIブランドの現状」について、業界の現状を筆者なりに考察した。

 メーカー系ハイパフォーマンスブランドは2000年代以降、大きく変化してきた。海外ではダイムラーによるAMG内製化、BMW・Mの多モデル化、さらに国内ではレクサスFシリーズの開始などがプレミアムブランドでの正規チューニングが当たり前となり、通常ラインアップに加わった。

 一方、STIと三菱ラリーアートは世界ラリー選手権(WRC)を起源として、ほかのメーカー系ハイパフォーマンスブランドとは別の道を歩んできた。その上で、STIはいま、独ニュル24時間レースを軸足としたブランドイメージを継承しており、そうした中でSTIとスバルの関係性がどう維持されているのか?

STI はラリー技術を起源とした「タフさ」を売りに、日本国内では一定の知名度を得てきた。その中でも『WRX STI』はそのイメージを体現し、所謂『スバリスト』から憧れの的となっている

 これについて平岡氏は、STIはスバルの100%小会社であり、事業計画はスバルとの協議を上に進めるのが基本であること。レース参戦の知見をSTIが、またアイサイトに代表される先進安全技術での知見をスバルが、というように互いの得意分野を尊重すること。なかでも、STI SportsについてはSTIのサスペンションセッティングに関するデータがフル活用されていることを指摘した。

 次に、STIブランドとしての認知度についても聞いた。

 この点については、2019年に国内で数百人を対象とした調査を行った結果、「STIに興味があるが、自身では操れないシロモノのようなイメージが残る」として、試乗、そして購入へと結びつかないケースがあることがわかったという。

 そうした中で、「STIフィロソフィー」として掲げている、STIが目指す「速いが、人にやさしく、例えSシリーズでも長距離乗って疲れないクルマ」という認識をさらに高めていきたいと主張した。

 こうしたSTIブランドの訴求は着実に進めていくことと同時に、スバル本体の販売事業計画の中で、STI量産モデルの在り方を、仕向け地(販売地)別に考えていく必要があるとも指摘した。つまりそれは、日本市場とアメリカ市場で異なる事業戦略を取るという意味である。

次ページは : ■アメリカでのスバルとSTI

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ