新型ヴォクシー&ノア 全価格情報判明!! 267万円スタートで明日受注開始


 2022年1月13日の記者発表が楽しみな新型ノア・ヴォクシー。12月8日からは予約受注もスタートし、新型登場までのカウントダウンは始まっている。

 メーカーからの価格配信は、当初の予定よりも少々遅れた。事前受注報告開始日を後ろへずらす可能性もあったが、何とか予定通りに事が運びそうだ。販売店にとっての不安な状況もなくなり、新型ノア・ヴォクシーは派手なスタートを切ることだろう。

 今回は、筆者の取材から判明した、新型ノア・ヴォクシー全タイプの価格情報をお伝えし、新情報を加えながら分析・解説していく。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】デザインはどう変化? ヴォクシー・ノア 現行モデル&新型予想CGを写真でチェック(11枚)画像ギャラリー

新型ノアのエントリーモデルは267万円から! 全グレード全価格を一気に紹介

写真は現行型のノア。すでに受注終了となっており、価格帯は255万6400~344万3000円だった

 新型ノアとヴォクシーのグレード体系をおさらいしておこう。

 新型ノアは、標準ボディのX・G・Z、エアロボディのS-G・S-Zの5グレードに分かれる。

 新型ヴォクシーはS-GとS-Zの2グレードだ。パワートレインは2.0Lガソリンエンジンか、1.8Lの新世代ハイブリッドを選ぶ。駆動方式は、ベースがFFとなり、グレードによっては4WDを選択できる。乗車定員も7人・8人をグレードによって選択可能だ。

 まず、ノアの標準ボディから価格を紹介しよう。

◆新型ノア グレード別価格一覧
X/(7人乗り、8人乗り)FF:267万円、4WD:286万8000円
G/(7人乗り、8人乗り)FF:297万円、4WD:316万8000円
Z/(7人乗り)FF:324万円、4WD:343万8000円
Xハイブリッド/(7人乗り、8人乗り)FF:305万円、E-Four(7人乗り):327万円
Gハイブリッド/(7人乗り、8人乗り)FF:332万円、E-Four(7人乗り)354万円
Zハイブリッド/(7人乗り)FF:359万円、E-Four:381万円

 続いて、ノアのエアロボディだ。

◆新型ノア エアロボディ グレード別価格一覧
S-G(7人乗り、8人乗り)/FF:304万円、4WD:323万8000円
S-Z(7人乗り)/FF:332万円、4WD:351万8000円
S-Gハイブリッド/(7人乗り、8人乗り)FF:339万円、E-Four(7人乗り):361万円
S-Zハイブリッド/(7人乗り)FF:367万円、E-Four:389万円

 最後に、ヴォクシーである。

◆新型ヴォクシー グレード別価格一覧
S-G(7人乗り、8人乗り)/FF:309万円、4WD:328万8000円
S-Z(7人乗り)/FF:339万円、4WD:358万8000円
S-Gハイブリッド/(7人乗り、8人乗り)FF:344万円、E-Four(7人乗り):366万円
S-Zハイブリッド/(7人乗り)FF:374万円、E-Four:396万円

現行型と比較して各仕様がやや複雑化! 注文時には充分な確認を

現行モデルのヴォクシーで最上位グレードとなっていた「ハイブリッドZS 煌III」。価格は344万3000円だった

 ガソリン車はFFから4WDへの変更で19万8000円高、ハイブリッドはFFからE-fourへ変更すると22万円高となる。また、ハイブリッドのE-Fourには7人乗りしか設定されないので、注意が必要だ。また、7人乗りと8人乗りで価格の差は無い。

 エントリー価格はノアのX(FF)で267万円、最上級はヴォクシーのS-Z(E-Four)で396万円となった。現行型のエントリーモデルと比べると11万3600円高くなり、最上位グレードは、現行型の特別仕様車W×Bや煌IIIよりも高額だ。特にヴォクシーは、ワンクラス上の価格帯にいってしまった感じを受ける。

 グレード・パワートレイン・駆動方式・乗車人数が相まって、クルマの仕様が非常に複雑化している印象だ。販売現場からは、早くも体系集約を望む声も出てきており、1年程度様子を見た後に、不人気仕様からなくなっていく可能性が高いだろう。

 見積りを作るだけでひと苦労な新型ノア・ヴォクシー。注文時には、本当に希望のクルマになっているのか、営業マンはもちろんだが、ユーザーの皆さんも入念に確認したほうがいい。

次ページは : ■ハイブリッドモデルの燃費が判明!シフトレバーは3種類?