新型ノア 来年1月13日発売確定! ヴォクシー存続で来月受注開始

【速報】新型ノア 来年1月13日発売確定! ヴォクシー存続で来月受注開始

 2021年9月末に現行型のオーダーが終わり、新型への舵を切ったトヨタのノア・ヴォクシー。2021年1月に登場を予定する新型への期待が大きく高まっている。

 これまでベールに包まれていた、新型のノア・ヴォクシーの車両概要が、筆者の取材で判明した。ライバルたちを圧倒する、脅威の進化を遂げた新型ノア・ヴォクシーの注目ポイントをお伝えしていこう。

文/佐々木 亘、写真/TOYOTA、CG/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ついに発売秒読み! 新旧ノア・ヴォクシーを写真で徹底比較(19枚)画像ギャラリー

■ヴォクシーの車名は存続! 幅広いグレード展開でユーザー拡大を狙う

現行型トヨタ ヴォクシー。2021年4-9月期に通算3万1065台を登録し、ノアを実に約1万台上回る人気を持ついっぽう消滅の噂もあったが、新型でも車種として存続されるようだ

 消滅するという話があったヴォクシーの車名は、新型になっても残ることがわかった。車種統合が進むトヨタで残る数少ない兄弟車は、これからもともにミニバン界を背負って立つ存在となる。

 まずは、新型ノア・ヴォクシー発売へ向けた、今後のスケジュールからお伝えしていこう。11月12日~15日の間に、販売店スタッフ向けマニュアルが配信される。

 予約注文の受注計上開始日は12月8日に設定された。そして待望の新型発売は2022年1月13日となる。

 新型でもパワートレインは、ガソリンとハイブリッド(HV)の2種類を用意する。2022年1月6日から新型のガソリン車が生産開始となり、HVは3週間ほど遅れた1月27日から生産される。新車の納期も、予約段階から発表直後は、ガソリン車のほうが早くなりそうだ。

 グレード体系は、標準ボディが上から「Z」・「G」・「X」の3種類、エアロボディが上から「S-Z」・「S-G」の2種類となる。ノアには標準ボディとエアロボディの両方が用意されるが、ヴォクシーはエアロボディのみの設定だ。

■第5世代ハイブリッドを搭載!トヨタセーフティセンスには新機能も追加

現行型トヨタ ノア。新型ではノア、ヴォクシーともにトヨタ初となる第5世代HVシステムを導入する

 ミニバン・キャブワゴンにおけるカーボンニュートラルの実現を目指し、HVの販売を拡大させたいトヨタ。その足掛かりとして、新型ノア・ヴォクシーにはトヨタ初となる第5世代HVシステムを導入した。また待望のe-four(電動4WD)も設定される。

 パワートレインは、ガソリンモデルがM20A-FKS型の2.0Lダイナミックフォースエンジン(最高出力169ps)を搭載、HVは2ZR-FXE型の1.8Lエンジン(最高出力137ps)がベースとなる第5世代HVとなる。

 WLTCモード燃費はガソリンモデルで15.0km/L、HVでは23.6km/L(e-four 22.0km/L)を達成する予定だ。

 安全装備では、最新のToyota Safety Senseを全車に標準装備する。先行者やカーブに対しての減速支援を行う「プロアクティブドライビングアシスト(仮称)」を新機能として追加した。

 さらに高速道路上での渋滞時に、一定条件下で渋滞時の運転負荷を軽減する「アドバンストドライブ(渋滞支援)」を含む安全拡張パッケージをオプション設定する。

 さらに、「トヨタチームメイトアドバンストパーク」をオプション設定し、ガソリン車ではセミオート、HVではフルオートでの駐車サポートを受けられる。またHVでは車外から専用スマホアプリで操作することにより、遠隔で駐車・出庫が行えるリモート機能も加わった。

次ページは : ■5ナンバー車は消滅! 新型は全車3ナンバーモデルで再出発