かつて新車市場の王者だったミニバンの人気はなぜ凋落したのか!? SUVが代われない理由

 初代オデッセイが火付け役となって、1990年代から2000年代にかけて「ミニバンブーム」が到来。コンパクトミニバンからLクラスミニバンまで隙間なく各社からミニバンがラインアップし、まさに百花繚乱状態だった。

 しかし、かつての人気車種だったオデッセイ、エスティマの人気が下火になり、ウイッシュ、ストリームをはじめ、アイシス、イプサム、プレサージュ、ラフェスタ、エリシオン、ビアンテ、グランディス、エクシーガなど10車種以上が生産終了となっている。

 なぜミニバンは激減したのだろうか? もはや減るいっぽうなのだろうか?  

 そのいっぽうで、最近増えてきた3列7人乗りSUVは、こうしたミニバンの代わりになるのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 


■生産終了したミニバンには共通点があった!

生産終了したミニバンは全高1700mm以下が多かった。かつてオデッセイは走りのいい背の低いミニバンとして人気だったが現行モデルでは背が高くなっている

 日本ではミニバンが人気のカテゴリーといわれるが、以前に比べると10車種以上も減った。トヨタでは人気の高かったウィッシュを筆頭に、アイシス、マークXジオ、イプサムなどが販売を終えている。エスティマは2006年1月にデビューしてから13年もフルモデルチェンジしていない。

 日産ではプレサージュが一時は堅調に売れたが、後に廃止された。ラフェスタも最初は日産が開発したが、2代目はマツダプレマシーをベースにしたOEM車のラフェスタハイウェイスターになり、同様に生産を終えた。

 このほかホンダストリーム、先に挙げたマツダプレマシー、三菱グランディスなど、相応に人気の高かったミニバンが過去のクルマになってしまった。

 生産を終えた理由を考えると、先に車名を列挙したミニバンには、ひとつの共通点がある。それは全高が1700mm以下に収まることだ。1700mmを超えるセレナ、ヴォクシー&ノア、ステップワゴンなどに比べると、3列目シートが狭く、多人数で長距離を移動する用途には適さない。

 しかもアイシス、プレサージュ、プレマシーなど一部の車種を除くと、後席側のドアも前席と同じ横開き式だ。スライドドアを採用していないため、背の高いミニバンに比べると乗降性も見劣りする。外観もワゴン風で、ミニバンらしさが乏しい。これらも売れ行きを下げた要因だ。

 背の高いスライドドアを備えたミニバンでも、マツダビアンテやホンダエリシオンは生産を終えたが、これはメーカーの戦略に基づく。ビアンテのマツダは、マツダ車全体の商品コンセプトと「魂動デザイン」に合わないことから、ミニバン開発そのものをやめてしまった。

 エリシオンはオデッセイに統合されている。従来型のオデッセイが、背の低いボディと横開き式ドアを備えたことを考えれば、現行オデッセイはむしろエリシオンに近い。ただしエリシオンは知名度が低く、オデッセイを名乗った。

■2000年代に入って生産を終了したミニバン
トヨタガイア           1998年5月〜2004年9月
トヨタウイッシュ         2003年1月〜2017年10月
トヨタアイシス          2004年9月〜2017年12月
トヨタマークXジオ        2003年1月〜2013年12月
トヨタイプサム          1996年5月〜2009年12月
日産プレサージュ         1998年6月〜2009年8月
日産バサラ            1999年11月〜2003年7月
日産ラフェスタ          2004年12月〜2012年12月
日産ラフェスタハイウェイスター  2011年6月〜2018年3月
日産キューブキュービック     2003年9月〜2008年11月
ホンダエリシオン         2004年5月〜2013年10月
ホンダストリーム         2000年10月〜2014年6月
マツダMPV              1990年1月〜2016年3月
マツダビアンテ          2008年7月〜2017年9月
三菱グランディス         2003年5月〜2009年5月
スバルエクシーガ(クロスオーバー7) 2008年6月〜2018年3月

■1700mm以上のスライドドアのミニバンしか生き残れない!

 以上の経緯から、現時点で生産を続けるミニバンは、ジェイドとプリウスαを除くと全高が1700mm以上で(オデッセイとシエンタは1700mmを少し下まわる)、なおかつスライドドアを備える。この2つの条件に当てはまらないミニバンは生産を終えた。

 スライドドアを備えた背の低いミニバンは機能が乏しくて人気を下げたが、1990年代の中盤から2000年代の前半には、イプサムやストリームの初代モデルが注目された。この時代はミニバンが普及を開始した段階だから、初めてミニバンを買うユーザーも多い。背の低いワゴン風の車種が馴染みやすいと感じるユーザーもいて、相応に売れた。

 しかしこの後にミニバンが売れ行きを伸ばし、2010年頃になると、もはや新鮮なカテゴリーではなくなる。いわゆる「ミニバンブーム」は終わり、購入するのは、多人数乗車や自転車の積載といった確固たるニーズのあるユーザーのみになった。

 そうなると3列目シートが狭く、自転車なども積みにくい背の低いワゴン風のミニバンは、単純に実用性が低いと判断される。販売不振に陥り、生き残れたのはセレナ、ヴォクシー&ノア、ステップワゴンなど、背の高いスライドドアを備えた車種のみだ。

 背の低い横開き式ドアのミニバンにも、運転感覚が自然で走行安定性が優れ、価格が割安といったメリットがあったが、背の高いスライドドアの付いたミニバンの魅力には勝てなかった。

 現在、特に人気のミニバンはハイブリッド車が必須となっている。2018年1〜12月の販売台数ランキングではセレナがセレナが新車販売台数全体で総合4位の9万9865台、ミニバン1位に輝いている。2018年2月にセレナe-POWERが発売され、人気に拍車がかかった。

2018年1〜12月の販売台数を見ると、ミニバン・ナンバー1はセレナで9万9865台。ミニバン2位のシエンタは9万4048台、3位はヴォクシーで9万750台、4位はフリードで8万4121台、5位はアルファードで5万8806台。現行せれな発売は2016年8月だから、2014年1月発売のヴォクシー/ノア/エスクァイアに比べると設計が新しい。しかも2018年2月にe-POWERを加えて売れ行きに一層の弾みが付いた

1月10日に発表された2018年1〜12月の新車販売台数ランキング

■3列シート7人乗りのSUVは、ミニバンの代わりになるか?

2017年12月に発売されたCX-8。ボディサイズは全長4900×全幅1840×全高1730mm。エンジンは2.5L、直4NAとターボ、2.2L、直4ディーゼルターボ

別企画で乗った松田秀士さんもCX-8の3列目シートの広さに満足気。とはいえ、冷静に考えると、コンパクトミニバンの3列目とほぼ同じ広さ

 興味深いのは、背の低いワゴン風ミニバンが廃止された代わりに、SUVの3列シート仕様が登場して注目を集めていることだ。

 これらの内、3列目シートが最も快適な国産SUVはマツダCX-8だが、全長は4900mmに達する。これだけ大柄なサイズでも、3列目の居住性は、コンパクトミニバンのホンダフリード、トヨタシエンタと同等だ。ホンダCR-Vは若干狭い。

 そして大人6名が乗車して片道1時間程度の距離を不満なく走れるのも、CX-8とCR-Vだけだ。

 日産エクストレイル、三菱アウトランダー、トヨタランドクルーザー&レクサスLX、ランドクルーザープラド、レクサスRX450hL、パジェロなども3列シート仕様を用意するが、これらの3列目は、すべて荷室に装着された補助席と思ったほうがいい広さだ。大人が座ると窮屈な姿勢を強いられる。

CR-Vの3列シート7人乗り仕様は1.5L、直4ターボ。ボディサイズは全長4605×全幅1855×全高1680mm

3列目シートは大人がゆったりと座れるほどではないが許容範囲か。シートバックは5:5分割可倒式で、リクライニング機構もある

 結論をいうと、現在の3列シート7人乗りSUVは、ミニバンの3列目シート車の代わりにはなっていないのが現状だ。

 このようにSUVとミニバンで3列目の居住性が大きく異なる理由は、床面の造りと全高が違うからだ。スライドドアを備えた背の高いミニバンは、ボディ後部の燃料タンクをカバーできる位置まで車内前側の床を高持ち上げて、床面をフラットに仕上げた。そのために3列目のシートも、1/2列目に近い着座姿勢になる。

 ところがSUVは、このような床面構造を採用していない。3列目の床は燃料タンクのために持ち上がり、座面との間隔が不足する。その結果、1/2列目とは異なり、膝が大きく持ち上がる窮屈な姿勢を強いられる。

■ミニバンの3列目シートと、SUVの3列目シートの違いは?

 ウィッシュやストリームのような背の低いミニバンの床面構造も、SUVと同じでフラットには仕上げていない。3列目に座ると膝が持ち上がり、窮屈な姿勢になった。その結果、背の低いミニバンは生産を終えたが、SUVでは狭い3列目を備えた仕様が注目されている。

 その理由は、ミニバンの3列目シートは重要な機能だが、SUVでは付加価値のひとつにとどまるからだ。SUVは悪路の走破も視野に入れたクルマで、大径タイヤの装着、余裕のある最低地上高などによって外観の見栄えが力強い。

 運転感覚もワゴン風で安定性が優れ、カッコよさと走る楽しさを併せ持つ。その上で3列目シートを装着したから歓迎された。対するミニバンでは、3列目が重要な機能だから、狭いと話にならない。

 そして1年に数回だけ、短い距離を多人数で乗車したいユーザーの場合、ミニバンを選ぶとムダが増える。通常は広い3列目シートが使われず「空気を運ぶ」ことになるからだ。

■カッコよさと運転の楽しさが味わえるSUV+7人乗車が魅力

 しかし3列シートのSUVであれば、通常はカッコよさと運転の楽しさを味わえる。稀に使う3列目シートが狭くても、短い距離であれば我慢してもらえる。

 このニーズは意外に多く、特にミニバンを避けたいと考えるクルマ好きのユーザーが、3列シートのSUVを選んでいる。

 子育てを終えてミニバンを選ぶ必要性が薄れたユーザーも、3列シートのSUVを購入することがある。一度ミニバンの広い室内を味わうと、天井が大幅に低いセダンやクーペには戻れないからだ。

 SUVなら天井が高く、リアゲートも備わるから荷物の出し入れもしやすい。ミニバンほどではないが、快適かつ便利に使えて、カッコよさと運転の楽しさも味わえるからだ。

 そこに3列目シートも加われば、以前乗っていたミニバンのような使い方も可能だ。ミニバンのユーザーが新たなクルマ選びを考える時、3列シートSUVは最適な選択肢になる。

 価格は高いが、子育てを終えた時には年齢も相応に達するから、所得も増えてある程度は自由な車種を選べるだろう。3列シートSUVが登場したことで、ミニバンに続くファミリーユーザーのクルマ選びが完結した。

 それでも3列シートのSUVを選ぶ時は、居住性を十分に確認したい。前述のようにLサイズSUVのCX-8でも、3列目の居住性はコンパクトミニバンと同程度だ。乗降性はさらに悪化するから、頻繁に3列目に座る用途には適さない。

■デリカD:5がSUVとミニバンのいいとこ取り!

3列目シートの居住性も充分、SUV並みの本格的な走りも堪能できる、まさにいいとこ取りのデリカD:5

ベンチシートで左右跳ね上げ式のデリカD:5の3列目シート

 SUVの3列目を快適にするには、ミニバンようなフラットな床面構造を採用して、全高を200mmほど高める必要がある。そうなると外観と機能がミニバンに近づき、具体的には三菱デリカD:5に発展する。

 デリカは歴史の長いミニバン(以前は商用車ベースのワンボックスワゴン)だが、SUVの走破力と融合させるコンセプトは時代を先取りしていた。先ごろ規模の大きなマイナーチェンジを実施して売れ行きも堅調だ。

■ミニバンを新たに作らない訳

 そうなると既存のミニバンをSUV風に変更したデリカD:5の類似モデルが登場してよさそうだが、なかなかそうならない。

 理由は2つある。まず最低地上高を持ち上げるには、相応の設計変更が生じることだ。最低地上高を高めると、下まわりを擦らずに悪路へ乗り入れられるから、ボディや足まわりも強化せねばならない。単純に車高を高めただけでは、悪路を走った時の耐久性が低く、クレームが生じかねない。エアロパーツを装着したグレードに比べると、開発に手間を要する。

 2つ目の理由は、ミニバンの需要が不透明なことだ。先に述べたようにミニバンは普及期を過ぎて安定期に入り、スライドドアを装着しない背の低い車種を廃止した。ミニバンは国内販売が中心の珍しいカテゴリーだから、国内の需要が下がると採算が取れなくなる。

 しかもミニバンの主な需要はファミリーで、少子高齢化が進んだ。子供を持つ世帯数の割合は、30年前の1989年は全世帯数の40%以上だったが、今は20%少々まで減った。ミニバンには大人だけで乗車するニーズもあるが、子供を持つ世帯が減ると需要の低下は避けられない。

■今後、ミニバンはさらに車種数を減らす可能性あり

 このような経緯もあり、ミニバンは車種数が減るだけでなく、フルモデルチェンジにも消極的になってきた。エスティマは発売から13年、前述のデリカD:5は12年、エルグランドは8年を経過する。

 ミニバンに比べるとSUVは、需要が世界的に旺盛で、海外向けも含めると車種数が増えた。3列目シートの付加価値も販売面で効果があるから、3列シート車の数がミニバンに近づいてきた。

 こうなるとミニバンは、今後さらに車種数を減らす可能性がある。いわば少数精鋭だ。少ない車種で対応すべく、従来以上に日本のユーザーニーズに合った綿密な開発が求められる。今後のミニバン開発では、各メーカーの「国内市場に向けた本気度」がわかるだろう。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ