本当か? 本当の本当に出るのか?? どうやらガチだ!!! 伝説の国産スーパースポーツ LFA IIがPHEVで登場する!!

本当か? 本当の本当に出るのか?? どうやらガチだ!!! 伝説の国産スーパースポーツ LFA IIがPHEVで登場する!!

 フェラーリやマクラーレン、アストンマーティンといった欧州の名だたるブランドがPHEVスーパースポーツを次々と生み出しているなか、日本勢だって負けてはいられない。

 10年余の時を経て復活の時を窺う、レクサス LFAII。レクサスのスポーツモデル「F」の頂点に君臨するモデル、その後継の今わかるすべてをお伝えします!

※本稿は2022年4月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年5月10日号

【画像ギャラリー】伝説再び…? LFAII予想画像、GT3コンセプト、LFAをギャラリーでチェック!!!(15枚)画像ギャラリー

■恐るべきスーパースポーツの正体

 いくつものスクープを追いかけるベストカーにあってもとりわけ特別な1台がレクサスのこのクルマ。世界の高級スーパースポーツに真っ向から挑む「LFAII」だ。

 2010年12月から2年間、世界限定500台が生産されたLFAの復活を感じさせるモデルで、車名は別のものになる可能性もあるが、便宜上、「LFAII」として話を進める。

レクサス「初代」LFA(2010-2012)。2010年12月から2年間、限定500台のスーパースポーツとして生産された。全長×全幅×全高は4505×1895×1220mm、ホイールベース2605mm、重量は1480kgから、価格は3750万円から

 このクルマに関してはかなり具体的な情報を入手しており、エンジンはV8、4Lツインターボで720ps/70.0kgmを発生。

 これにハイブリッドシステムが加わるとのことで、PHEVになるのが有力。システム出力950psのモンスターPHEVスポーツになる。

 駆動方式はトランスアクスル+ドライサンプのFRで、この点でもLFAと共通。

 フロントに置かれるエンジンを後方に配置するフロントミドシップレイアウトになるのも同じだが、異なるのは、LFAIIは限定車ではなくカタログモデルとして市販されるということだ。

 LFAがカーボンシャシーとしていたのに対し、LFAIIはアルミシャシー+カーボンボディを採用するとの情報で、それも限定生産ではなくカタログモデルとするのを意識してのこと。

 とはいえ、カーボンボディの市販車は極めてめずらしく、普通はレーシングカーで使われるものだが、それもそのはず、LFAIIはレース専用のGT3車両も同時に開発されているのだ。

 今年の東京オートサロンに出展していた「GR GT3コンセプト」こそ、その正体。

 詳しい情報は一切明らかにされていないが、このクルマ(GR GT3コンセプト)こそ、LFAIIのGT3車両ということなのだ。

全長4600mm、全幅2000mm前後のボディサイズとなりそうなLFAII(画像はベストカー編集部による予想CG)。フロントミドシップのFRで、トランスアクスルを採用する

■価格は? 正式発表はいつになる??

 話を市販モデルに戻そう。

 LFAIIはレクサスLCなどに使われているTNGAのGA-Lプラットフォームをベースに開発されており、サスペンションもLCと同様の4輪マルチリンクとなる。

 720psの4L、V8ツインターボエンジンは一時開発が凍結されたという情報もあったが、その時点でも相当なレベルまで進んでおり、再開した今はエンジンだけなら完成間近といったところだろう。

 もちろん、ハイブリッドシステムとの組み合わせや、実際の走りでのセッティングなど、開発はまだまだ続くがパワーユニットのメドはついている。

 注目はPHEVでどれだけのスポーツ性を発揮できるかだが、フェラーリやマクラーレン、アストンマーティンなどはすでに市販モデルを発表しているだけに負けられない。

 2025年より生産を開始する計画で、価格は3500万~4000万円レベルになりそう。

 走りだけでなく、環境性能でも海外勢を圧倒するクルマになることを期待したい。

【画像ギャラリー】伝説再び…? LFAII予想画像、GT3コンセプト、LFAをギャラリーでチェック!!!(15枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ