新型シエンタ撮った!! 見積もり取った!!! 「これは…売れる!」確信ありの判明価格と充実装備


 複数のトヨタディーラーから得た情報によると、新型シエンタの発表日は8月23日に決まったようだ。ただし、半導体不足やコロナ禍による上海ロックダウンの影響により遅延する可能性もあり、確定した情報ではない。

 本記事の内容は、メーカーが公式に明らかにした内容ではないことをあらかじめお伝えしておきたい。

 また新型シエンタの先行予約は、地域ごとに異なるが8月1日(月)から、もしくはディーラーの定休日明けの8月3日(水)から始まっている。

 さっそく、ディーラーから入手した、新型シエンタの価格とグレード、納期など、いまわかっている情報すべてお伝えしていこう。

文/ベストカーweb編集部
写真/ベストカーweb編集部、新型シエンタの写真は読者から提供

【画像ギャラリー】新型シエンタの生写真をキャッチ! オシャレで大ヒット確実!?(8枚)画像ギャラリー

■8月23日に発表予定! 東京地区では8月3日から先行予約受付開始、見積書が作成可能!

モータープールに停められた新型シエンタの生写真。今後、各販売店へ納入されることだろう

 すでに新型シエンタの写真は、ツィッター上にアップされており、見られた方も多いのではないだろうか。今回、本記事に掲載した写真は、新門司港のモータープールに停まっている新型シエンタを敷地外から撮影したもの。

 通例として、新車の先行予約が始まると、簡易カタログが配られ、エクステリアやインテリアの写真を見ることができるのだが、新型シエンタの場合は、扱いが厳重でマル秘扱いとなっているため、なかなか出てこない。

 筆者は東京地区、神奈川地区、埼玉地区のトヨタモビリティ複数店舗に取材したところ、新型シエンタの価格とグレード情報を入手。さらに見積書が作成できるのは8月1日もしくはディーラーの定休日により、8月3日から始まったということも確認した。もちろん、日本全国の話ではなく、地域によっても違いがあると予想されるので注意していただきたい。

 さっそく、首都圏のトヨタディーラーを訪れ、新型シエンタの見積もりをもらってきた。営業マンから、新型シエンタの価格とラインナップを教えてもらうことができたが、その際、営業マンが用意してくれたPCで新型シエンタの動画を見ることができた。

 営業マン用の販促マニュアル動画だったが、エクステリアやインテリア、ボディカラー&インテリアカラー、シートアレンジ、メーカーオプション、さらには試乗シーンもある濃い内容だった。特にインテリアは、写真を見せられないのは残念だが、10.5インチのナビ画面やシート前後間80mm、フルフラットになるシートアレンジなど、「これは売れる!」と確信したほどだった。 

 新車を注文する際に、エクステリアやインテリアのデザイン、ボディカラー&インテリアカラー、メーカーオプションなどは、写真や内容を見ないと決められないと思うので、動画での対応は、とても親切だと感じた。

 営業マンに教えてもらった、注目の新型シエンタの価格だが、1.5Lのガソリンモデル(2WDのみ)は2列5人乗りと3列7人乗り、1.5Lハイブリッド(2WD/4WD)は2列5人乗り、3列7人乗りが用意され、それぞれガソリン、ハイブリッドモデルに、下から安い順にX、G、Zというグレードが設定されている。ガソリンモデルは195万~256万円、ハイブリッドモデルは238万~310万8000円で、ハイブリッドモデルはガソリンモデルに対し、Xが43万円高、GとZが35万円高、3列7人乗りは2列5人乗りから4万円高となっている。

■新型シエンタのラインナップと価格
■ガソリンモデル、2WDのみ
●5人乗り
X=195万円、G=230万円、 Z=252万円
●7人乗り
X=199万円、G=234万円、Z=256万円、
■ハイブリッドモデル、2WD/4WD、E-FOUR
●5人乗り
X=2WD:238万円、4WD:257万8000円
G=2WD:265万円、4WD:284万8000円
Z=2WD:287万円、4WD:306万8000円
●7人乗り
X=2WD:242万円、4WD:261万8000円
G=2WD:269万円、4WD:288万8000円
Z=2WD:291万円、4WD:310万8000円
※価格はディーラー調べ

次ページは : ■2つの販売推奨グレードを注文すると納期は早ければ年内納車可能

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ