新型セレナ11月28日発表!? クラウンは電動化でもトヨタの旗手に! マツダ・ホンダの戦略は 国内メーカー最新動向

新型セレナ11月28日発表!? クラウンは電動化でもトヨタの旗手に! マツダ・ホンダの戦略は 国内メーカー最新動向

 毎月足しげく新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回は、次期型日産セレナの登場時期、トヨタの電動化ラインナップでも先導役を果たすクラウン、改良型ハリアー&RAV4の納期、CX-80の投入やCX-8のビッグマイナーチェンジなどマツダの活発な動向など、遠藤氏自らの足で入手した情報をまとめてお届けします!!

※本稿は2022年10月のものです
文/遠藤徹、予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年11月26日号

【画像ギャラリー】トヨタ 日産 ホンダ マツダ…今冬から来年へむけての各社戦略は?? 各トピックをギャラリーで時短チェック!!!(14枚)画像ギャラリー

■日産 新型セレナは11月28日発表へ

次期型セレナは11月28日発表との情報あり。同日に2Lマイルドハイブリッド車が発売され、1.4L・e-POWER車は2023年4月の発売になるもよう(画像はベストカーによる予想CG)
次期型セレナは11月28日発表との情報あり。同日に2Lマイルドハイブリッド車が発売され、1.4L・e-POWER車は2023年4月の発売になるもよう(画像はベストカーによる予想CG)

 日産販売店筋によると、日産は11月28日に次期型セレナを発表し、2Lマイルドハイブリッド車を同日に発売、1.4L・e-POWER車を2023年4月に発売するという情報です。2Lマイルドハイブリッド車は8人乗りで2WDと4WDを設定しますが、1.4L・e-POWERは2WDのみの設定となります。

 また次期型セレナには7人乗りで最上級バージョンの「ルキシオン」が設定されます。

 こちらは現行スカイラインに設定している高速道路でのハンズフリー運転が可能な先進運転支援機能のプロパイロット2.0が設定されます。そのほかのグレードはプロパイロットが現行モデルに引き続き装備されます。

■新型クラウンシリーズは電動化でもトヨタ車を先導

4つのボディバリエーションが公表されている新型クラウン。そのひとつであるクラウンスポーツはパワーユニットにEVが設定される可能性がある
4つのボディバリエーションが公表されている新型クラウン。そのひとつであるクラウンスポーツはパワーユニットにEVが設定される可能性がある

 トヨタ関係筋によると、新型クラウンシリーズはトヨタの電動化ラインナップでも先導役を果たすといいます。

 7月15日のワールドプレミアでは9月から生産を開始しているクラウンクロスオーバーを筆頭に、2023年以降は「スポーツ」「セダン」「エステート」のボディバリエーションを順次投入して行くことを明らかにしていますが、パワーユニットなどのメカニズム面はまだ明確になっていません。

 そのパワーユニットは販売店筋によると、クラウンクロスオーバーの2.5Lハイブリッド、2.4Lターボハイブリッドのほか、FCV(燃料電池車)やEV(電気自動車)があり、これらの開発を進めているといいます。

 現在までのところスポーツがEV、セダンがFCV、エステートはハイブリッド、EV、FCVのすべてが積まれる可能性があります。駆動方式は4WDが中心になる見込みです。

 クラウンクロスオーバーはすでに約2.5万台のバックオーダーを抱えており、2023年初めから登録、納車されます。現時点契約分の納期は2023年4月以降で受注は好調です。

次ページは : ■トヨタ、2023年ニューモデル展開はハイブリッド専用車が拡大か

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!