トヨタ新型C-HRは23年5月発売?? アリアがまさかの受注停止!? 国内メーカーの「今」取って出し

トヨタ新型C-HRは23年5月発売?? アリアがまさかの受注停止!? 国内メーカーの「今」取って出し

 毎月足しげく新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回はまずトヨタ 新型C-HRの発売時期について。ほか、スズキ 次期型アルトワークスの数年後を目指した復活のプロジェクトが? …など、国内メーカーの「旬」の情報をまとめてお届けします!!

※本稿は2022年11月のものに適宜修正を加えています
文/遠藤徹、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年12月26日号

■トヨタ、新型C-HRは2023年5月にフルモデルチェンジ

 トヨタの販売店筋によると、2023年5月にコンパクトSUVのC-HRをフルモデルチェンジする方向でスケジュール調整しているといいます。

 次期型は新開発のプラットフォームを採用しながらボディ剛性の向上、クォリティアップ、そして走行性能や燃費性能などを進化させるための開発を進めています。パワーユニットは全車1.8Lハイブリッド&1.8Lガソリンエンジンを搭載します。なお、現行型に搭載の1.2Lターボは廃止されます。

C-HRは2023年5月にフルモデルチェンジする見込み。次期型はパワーユニットは1.8L NAと1.8Lハイブリッドを搭載するという情報あり。写真はトヨタヨーロッパが2022年12月5日に発表した「C-HRプロローグ」
C-HRは2023年5月にフルモデルチェンジする見込み。次期型はパワーユニットは1.8L NAと1.8Lハイブリッドを搭載するという情報あり。写真はトヨタヨーロッパが2022年12月5日に発表した「C-HRプロローグ」

■スズキ、次期型アルトワークスはどうなる?

 アルトのスポーツバージョンであるアルトワークスの次期型に注目です。

 従来モデルは、この11月に実施された騒音や排ガス規制の法規対応がクリアできないこともあって廃止になりました。しかし、このアルトワークスは数年後には復活させる方向で開発プロジェクトが動いているようです。

 次期型はこれまでのようなエンジン車だけでなく、電気自動車での開発アプローチも選択肢のひとつになっているといわれます。EVのトルク特性が持つ力強い加速感が開発の追い風になっているようなのです。

■スズキがCVTと組み合わせるハイブリッドを開発中

 スズキは2023年中盤に、EV走行などが可能な新しいストロングハイブリッドを搭載する小型車を発売する方向で開発を進めているようです。

 これまでスズキはストロングハイブリッドにMTをベースにしたトランスミッションのAGSを組み合わせていました。

 しかしこのシステムは、変速ショックによる違和感などで販売台数が伸びずに廃止した経緯があるため、新型ハイブリッドでは滑らかな走行が可能なCVTとの組み合わせに切り替える計画です。

 ハイブリッドに組み合わされるエンジンは1.2~1.5Lとなりそうです。

次ページは : ■ダイハツ、マイナーチェンジしたタントがN-BOXを猛追!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ