トヨタSUV大量投入で市場ジャック計画ほか最新の新型車情報入電!!


 毎日新車ディーラーを回って「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回はトヨタが2019年内にSUVを複数モデル登場させ、このカテゴリーでフルラインアップ化を目指す、というニュースから。

 上記の付帯情報として、ダイハツが今年、新型タントを用意しており、それにSUV仕様が設定されるのでは…というかなり驚くべき情報も入ってきています。

文:遠藤徹
ベストカー2019年3月26日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■今年中に3モデルのSUVを追加で全7車種に!?

 トヨタは今年末にもダイハツとの協力によって、軽自動車からラグジュアリークラスまで新世代SUVのフルラインナップ体制を整える方針のようです。

 今年、新たに加わるのは、

(1)4月10日に発売する新型RAV4
(2)新規発売する1~1.5LクラスのコンパクトSUV
(3)年末までにダイハツがOEM供給する新型軽自動車

 上記3モデル。

トヨタは2019年内に一気に3車種のSUVを発売予定。そのうちの1台が、この4月に登場予定の新型RAV4

 これによって、既存のSUV4モデル(コンパクトミディアムのC-HR、アッパーミディアムのハリアー、ラグジュアリーのランドクルーザープラド&ランドクルーザー)を含めて7車種にわたるSUVフルラインアップ体制が整うことになります。

 新型車の用意だけでなく、C-HRは年末のビッグマイナーチェンジでさらに商品強化を図るなど、既存モデルの強化にも余念がありません。

 トヨタは本気で、SUVカテゴリーに隙間なくモデルを配置し、しかもそれぞれの分野でトップを獲ろうと狙っています。

2017年の東京モーターショーに出品されたダイハツの「DN-TREC」。これがほぼそのまま次期ラッシュ/ビーゴとなるはず

■次期タントにSUV仕様が用意!!??

 上記原稿(3)にあたる新型軽自動車は、年内にフルモデルチェンジが予定されているダイハツタントのSUV風仕様だ…という情報が入っています。

 近年、スズキがスペーシアに追加設定した「ギア」や、3月28日に正式発表予定の三菱新型eKワゴンに派生モデルとして設定される「eKクロス」のように、軽自動車のSUV仕様がヒットしています。

現在トヨタは「ピクシスシリーズ」と称して3車種の軽自動車を発売中。写真は「ピクシスメガ(=ウェイクのOEM)」

 そうした流れに乗って、年内に登場予定の新型タントにもSUV風仕様が用意されるのですが、それをトヨタにもOEM提供し、ピクシスシリーズの新モデルとして販売するのでは…という情報です。発売すればかなりの販売台数が見込めるだけに、ダイハツとの調整が難しそうです(現在ダイハツがトヨタに供給している軽自動車は、ミライース=ピクシスエポック、ピクシスジョイ=キャスト、ピクシスメガ=ウェイクの3車種のみ)。

 こちらは不確定要素が多く、新規情報が入ったら改めてお伝えします。

 いっぽう(2)にあたるコンパクトSUVですが、こちらは2016年に生産終了となったラッシュ/ビーゴの後継車にあたるモデルとなります。スズキがジムニーシエラやクロスビーを発売して好調な販売を続けていることを受け、ダイハツが対抗馬として用意する見込み。

 こちらもダイハツだけでなくトヨタへOEM供給されるのですが、このコンパクトSUVは当面トヨペット店とカローラ店で併売し、2025年までには全系列店にも販売網を拡大する見通しです。

次ページは : ■次期型N-WGNは6月にも投入か? 現行型はオーダーストップ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ