新型キックスのテスト写真ゲット!! 次もタイ生産も内装デザイン大幅レベルアップの予感

新型キックスのテスト写真ゲット!! 次もタイ生産も内装デザイン大幅レベルアップの予感

 海外専用モデルとして2016年に登場し、2020年に日本デビューをはたした日産キックス。女優の伊藤かずえさんが愛車のシーマをレストア中に代車として使用していたこともある人気のSUVだが、そろそろ次期型のウワサが聞こえ始めた!!

※本稿は2023年9月のものです
文/ベストカー編集部、写真/NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年10月26日号

■スクープ写真も出た! 新型日産 キックスは鋭意開発中

海外での公道テストを捉えたスクープショット。ボディ全体が偽装されており、詳細はつかみにくいが、現行型よりもスポーティな印象になっているのはわかる(写真:APOLLO)
海外での公道テストを捉えたスクープショット。ボディ全体が偽装されており、詳細はつかみにくいが、現行型よりもスポーティな印象になっているのはわかる(写真:APOLLO)

 海外専用モデルとして2016年に登場し、2020年に日本デビューした日産キックス。日本ではe-POWER専用車で人気を博しており、2022年7月にはマイナーチェンジを実施して4WD車を追加設定している。

 日本仕様はデビューから3年、マイナーチェンジしてからはまだ1年数カ月しか経っていないが、海外での初登場からはもう7年も経過している。そろそろ次期型が登場してもおかしくないタイミングになってきており、実際、海外での公道テストのもようを撮ったスクープ写真が出回り始めた。

 それがこの上の写真。ボディ全体が偽装されており詳細はつかめないものの、サイズ感や全体のフォルムで次期キックスのテスト車であると判断できる。この写真と関係者からの情報を総合し、作ったのが下に掲載している予想CGとなる。

全体的なフォルムは現行型から大きく変わらないが、新しい日産フェイスの採用でイメージを一新(ベストカー編集部作成の予想CG)
全体的なフォルムは現行型から大きく変わらないが、新しい日産フェイスの採用でイメージを一新(ベストカー編集部作成の予想CG)

 基本的なフォルムは大きく変わらないが、ルーフラインが丸みを帯びることで、現行型よりもスポーティな印象となる。

 テスト車からはフロントマスクの造形を読み取ることはできないが、4月の上海モーターショーに出展したパスファインダーコンセプトのイメージを踏襲するとの情報が入っている。日本でいえば「セレナ顔」ということで、現行型からそこは大きく変わる部分となる。

 現行キックスのボディサイズは全長4290×全幅1760×全高1605mm、ホイールベース2620mmだが、次期型はそれぞれが少しサイズアップするものの基本的なサイズ感は変わらないという情報だ。

 大きく変わるのはプラットフォームで、ルノーとの共同開発によるCMF-Bを新採用。日産ではノート、ルノーではルーテシアなどに使われているプラットフォームで、その実力の高さは定評のあるところ。

 基本設計の古い現行キックスは旧式のVプラットフォームだけに、走りの質感が大幅に向上することは間違いないだろう。

次ページは : ■金型が盗まれた!? 日本登場は2025年か

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!