1000万円超え!! 新型MR-2の中身はGRMNヤリス!? トヨタ最後の純ガソリンスポーツが2026年登場か

1000万円超え!! 新型MR-2の中身はGRMNヤリス!? トヨタ最後の純ガソリンスポーツが2026年登場か

 信頼できる筋から超弩級の情報が入ってきた! トヨタが2026年に純ガソリンエンジンのミドシップスポーツを発売する計画があるというのだ。それは、つまりMR2の復活。日本国内専売で、最後のエンジンスポーツとなる!!

※本稿は2023年10月のものです
文/ベストカー編集部、写真/TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年11月10日号

■なぜ今「MR2」なのか!?

ベストカー編集部が作成したMR2後継ミドシップスポーツの予想CG。GRMNヤリスをベースに「わかりやすい」ミドシップスポーツを開発。純エンジンで作るのが、今となっては逆に新しい!
ベストカー編集部が作成したMR2後継ミドシップスポーツの予想CG。GRMNヤリスをベースに「わかりやすい」ミドシップスポーツを開発。純エンジンで作るのが、今となっては逆に新しい!

 2012年の86、2019年のスープラに続き、今度はMR2が復活する。2026年の発売を目指し、開発プランが立ち上がったのである。

 なぜ今、MR2の復活なのか? まずはその経緯から説明していこう。

 トヨタのGAZOOレーシング(GR)カンパニーには今、ある問題意識がある。GRヤリスの話題性が日本で高まらないというものだ。

 GRヤリスは昨年WRCでチャンピオンを獲得。今年も連続王座を確実にしながら、その効果が国内の販売面にあまり出ていない。

 半導体不足をはじめとする諸問題で生産が滞っているという事情はあるものの、思ったほど需要が伸びていないとGRカンパニーでは見ているようだ。GRカローラも追加したが、計画台数がもともと少なく、カンフル剤にはなっていない。

 そこで立ち上がったのがこの計画。打ち上げ花火的に話題性の高いモデルを用意し、注目を集めようというものだ。

 ベースはGRヤリスではなく、そのハイパフォーマンス版であるGRMNヤリス。

 GRMNヤリスは車両価格約732万〜847万円で500台限定というスペシャルモデルで、徹底的な軽量化と各部の強化を実施。標準モデルのほかラリーパッケージ、サーキットパッケージを用意するなど、とことん走りにこだわったクルマだ。

当初の計画はGRMNヤリスのミドシップ化だった。デザインをさらに過激にし、WRC往年のグループBカーのようなクルマを目指すというものだった(ベストカー編集部作成の予想CG)
当初の計画はGRMNヤリスのミドシップ化だった。デザインをさらに過激にし、WRC往年のグループBカーのようなクルマを目指すというものだった(ベストカー編集部作成の予想CG)

 当初、エンジンをミドに搭載するGRMNヤリスのさらなるスペシャル版を開発するという企画だったが、経営陣は、それではインパクトに欠けると判断したという。

 往年のプジョー205ターボ16やルノー5ターボ、あるいはクリオ(日本名ルーテシア)V6を彷彿させる2BOXタイプのスーパーミドシップというわけだが、エンジンの搭載位置は変わるものの、2BOXの基本デザインが同じではGRMNヤリスとの差異がわかりにくい。

 つまり、興味を持つのはマニアに限定されるという危惧があったようなのだ。

 その判断も確かにわかる。担当などは和製クリオV6を見てみたいと思うが、それはコアなクルマ好きの気持ち。もっと一般的なクルマ好きの興味を惹く必要がある。

次ページは : ■試作車のテストは始まっている

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!