新型ホンダフィットがテイ・エス テック社の軽量で快適な座り心地のシートを採用


■世界トップレベルの軽量化を実現した次世代シートフレーム

新型ホンダフィットに採用されたテイ・エス テックのシートは長時間ドライブでも疲れにくい柔らかな座り心地。シートアレンジも多彩だ

 2020年2月発売の新型ホンダフィットには、テイ・エス テック株式会社が開発した新しいシートが採用された。

 長時間ドライブでも疲れにくく、柔らかな座り心地のシートが新型フィットの魅力のひとつだが、大幅な軽量化を実現した次世代シートフレームを採用し、身体をしっかりと保持する新構造などによってこれを実現。

 車両タイプに合わせたバリエーション豊かな表皮素材とシートデザインによって、前モデルを超える上質感にあふれている。

■フロントシートの特徴

座り心地を向上させたフロントシート。右の黄色枠は面で身体を支持する構造を実現する樹脂マット

 シートフレームには、上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発した次世代シートフレームを採用。

 また、厚みを増したシートクッションや、ホンダと共同開発したボディースタビライジングシートのコンセプトを具現化した骨盤を支持する構造により、座りやすさと運転しやすさ、疲れにくさを向上させたシートだ。

次ページは : ■次世代シートフレームの特徴

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ