新型ホンダフィットがテイ・エス テック社の軽量で快適な座り心地のシートを採用

■世界トップレベルの軽量化を実現した次世代シートフレーム

新型ホンダフィットに採用されたテイ・エス テックのシートは長時間ドライブでも疲れにくい柔らかな座り心地。シートアレンジも多彩だ

 2020年2月発売の新型ホンダフィットには、テイ・エス テック株式会社が開発した新しいシートが採用された。

 長時間ドライブでも疲れにくく、柔らかな座り心地のシートが新型フィットの魅力のひとつだが、大幅な軽量化を実現した次世代シートフレームを採用し、身体をしっかりと保持する新構造などによってこれを実現。

 車両タイプに合わせたバリエーション豊かな表皮素材とシートデザインによって、前モデルを超える上質感にあふれている。

■フロントシートの特徴

座り心地を向上させたフロントシート。右の黄色枠は面で身体を支持する構造を実現する樹脂マット

 シートフレームには、上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発した次世代シートフレームを採用。

 また、厚みを増したシートクッションや、ホンダと共同開発したボディースタビライジングシートのコンセプトを具現化した骨盤を支持する構造により、座りやすさと運転しやすさ、疲れにくさを向上させたシートだ。

■次世代シートフレームの特徴

次世代シートフレームは、超ハイテン材の使用比率を増やし、薄板溶接技術などの軽量化技術によって、従来の主力フレームと比べて28%軽量化を達成。これはマニュアル仕様のシートフレーム

 次世代シートフレームは、超ハイテン材(超高張力鋼板)の使用部品を増やしながら薄板溶接技術などの軽量化技術を活かして、強度・安全性能を向上させながら、従来の主力フレーム(※1)と比較して28%軽量化を達成した。

 世界トップレベルの軽さを実現(※2)することで、燃費向上にも寄与する。少ない仕様差で車種毎のニーズに応えられる新設計により、今後の新型車の開発効率向上も見込まれる。

■リアシートの特徴

フィットのリアシートの多彩なアレンジ。快適な座り心地と荷物搭載時の利便性を兼ね備える

 リアシートは、従来のフィットの特徴の一つである圧倒的な開放感と広々とした車室空間を活かす多彩なシートアレンジはそのままに、クッションの厚みを24mm増やしている。

 アレンジ機構の配置やシートフレームを全面的に見直すことで、利便性を損なわず、座った瞬間に感じられる柔らかな座り心地を実現している。

テイ・エス テック株式会社 URL https://www.tstech.co.jp

■Honda新型FIT用シート 製品開発プロジェクト紹介
https://www.tstech.co.jp/product/project/

※1 幅広い機種に採用されていたテイ・エス テック社のグローバルスタンダードシートフレームとの比較

※2 世界トップレベルの軽量化:コンパクトクラス以上のカテゴリーでの量産シートフレームにおけるテイ・エス テック社調べ

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ