レクサスが「日本刀」をイメージした新型SUVコンセプトカーを発表

レクサスが「日本刀」をイメージした新型SUVコンセプトカーを発表

■アメリカ、デトロイトショーで発表! 次期ハリアーか!?

 レクサスは、米国・デトロイトで2018年1月14日(日)から開催されている2018年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)にて、クロスオーバーのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開した。

 レクサス自らが「フラッグシップ・クロスオーバー」と称する「Lexus LF-1 Limitless」は、次世代デザインの可能性を示し、自動運転技術を搭載するコンセプトカーとなる。

 レクサスは2025年頃までに、グローバルに展開する全てのレクサス車を電動専用車、電動グレード設定車とすることを見据えており、「Lexus LF-1 Limitless」は、従来のガソリンエンジンやハイブリッドに加えて、プラグインハイブリッド(PHV)、さらには電気(EV)や燃料電池(FCV)を含めたパワートレーンの搭載を想定しているとのこと。

 ややボディサイズは大きいが、次期ハリアーのデザインスタディモデルではないかと予想する(現行ハリアーの全長は4735mm)。

■Lexus LF-1 Limitlessの主な特長

 以下はレクサスの発表資料に沿って紹介したい。

 長いノーズと後方に構えたキャビンや、クロスオーバーでありながら重心を低く感じさせるボディにより、走りを予感させる力強いプロポーションを実現しました。また、鍛え抜かれた日本刀にインスピレーションを受け、熱く溶けた滑らかな金属を硬質で鋭利な形状に凝縮したかのような、どこから見ても流れるような動きを持つしなやかな造形を表現。

 フロントは、大径タイヤとともに張り出したフェンダーと長いフードを組み合わせ、ワイドなスタンスと力強いスピンドルグリルを立体的に表現。ヘッドランプは、フロントの立体的な造形に一体化するように進化させた。また、リヤは薄く水平に抜けたリヤコンビ―ネーションランプにより、ワイド感を強調。さらに、左右に分かれたリヤスポイラーが大きなガラスルーフの開放感を引き立てる。

■最先端のインターフェイスとくつろぎの空間を融合したインテリア

 前席は、ドライバーのジェスチャーを検知することで操作を行うモーションコントローラーや直感的なディスプレイ表示など、最先端のインターフェイスを採用。さらに、ステアリング上にパーキングやリバースなどを含めたシフト操作を集約。シフトレバーがなく、スイッチも少ないシンプルな空間と運転に集中できるコクピットを実現している。

 後席は、フラッグシップ・クロスオーバーにふさわしいくつろぎの空間を提供するため、開放的なレッグスペースに加えて、リヤシートエンターテインメントシステムや快適機能などをマルチオペレーションパネルで一括して操作することで、高い利便性・快適性を実現した。

■お客様のニーズに新たな選択肢を提案する先進技術

 レクサスによる自動運転技術の提案として、目的地までの運転操作を車両側が担うショーファーモードを搭載。スムーズで効率の高い走行を実現するとともに、交通事故の低減を支援。

 ナビゲーションに時間の概念を導入し、車両や交通の状況に応じた判断により、休憩やレストランの提案、ホテルの予約などを可能とした4Dナビゲーションシステムを搭載。その情報は、ナビディスプレイのほか、リヤシートエンターテインメントシステム、さらには乗員のスマートフォンやタブレットへ表示が可能となる。

Lexus LF-1 Limitless 主要諸元】

全長5014mm×全幅1986mm×全高1605mm、ホイールベース2974mm

 

最新号

ベストカー最新号

新型スープラ 最終デザイン判明!! ベストカー3月10日号

 ベストカー最新号(3/10号)が、2月10日に発売。今回の巻頭スクープでは、その動向を逐一追ってきたトヨタのフラッグシップスポーツ、新型スープラの最新情報を捕捉!! 情報筋から最終デザイン入手...

カタログ