日産が超斬新3列シートSUVをデトロイトショーに出展 日本を匂わすその意味とは?

■北米パスファインダーの後継!? 期待の大型3列SUV

日産は15日、2018年北米自動車ショーで、コンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」を世界で初めて公開。「Xmotion」は、伝統的な日本の熟練の技と最新のテクノロジーといった異なる価値、時代、次元をつなぐようデザインされた3列シートのSUV で、2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の一つを示唆しているとのこと。

外観はコンセプトカー然としているがグリル形状など新しい日産のデザインエッセンスを表現しているようだ
外観はコンセプトカー然としているがグリル形状など新しい日産のデザインエッセンスを表現しているようだ

相対する考え方や性質をそれぞれ明確に表現しつつ、うまく共存させることで、 静かでありながらダイナミック、穏やかでありながらエモーショナル、洗練されていながらタフなクルマを連想させる。日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ アルバイサ氏は、「『Xmotion』では、ニッサン インテリジェント モビリティの、より堅牢で力強い側面を追求しました。大胆でパワフルな形とどこにでも走って行けるようなタフなプロポーションは、現代的な手法で昇華され た日本の伝統工芸の要素と鮮やかなコントラストとなっています。」と述べた。

■エクステリアのヒントは日本建築にあり!!

「Xmotion」には、Vモーショングリルやブーメラン型ヘッドランプなど、一目で日産とわかる、ブランド独自のデザインシグネチャーが採用される。より進化したVモーショングリルは、グリルの幅と奥行きを確保することで、これまで以上に力強さが表現されています。そのデザインは日本建築からヒントを得て、深みのあるカーボンカラーと高い光沢のフィニッシュにより、より印象深いものとなっている。

サイドビューはなかなか端正。このまま市販されてもいいルックスだ
サイドビューはなかなか端正。このまま市販されてもいいルックスだ

ブーメランヘッドランプは鍛造された鋼の剣を思わせるシャープなラインにより構成され、ハイビーム、ロービーム、ターンシグナル、ポジショニングランプなど、すべての機能が1つのユニットに統合されている。リアコンビランプは、日本の伝統的な木工である「組子」のディテールやパズルからインスパイアされ、ホログラム技術による視覚の錯覚を利用して見せる手法を採用した。

ボディサイドは革新的なU字型のハイライトが入る面構成をもち、それがフロントフェンダーからリアフェンダーまで滑らかにフローを作り出す様子は非常に彫刻的な雰囲気をあたえる。

■インテリアは「4+2」がコンセプト

インテリアデザインの出発点は、エクステリア同様に、伝統的な日本の要素と、フューチャリスティックなライフスタイルテクノロジーの要素を共存させること でした。日本の伝統的な工法や職人の技、素材などが、現代の美意識による新たな解釈を経て、フレッシュなデザインとして昇華されています。

また長いホイールベースと、4つのコーナーにタイヤを配することにより、若くアクティブなユーザーの様々なライフスタイルに対応できる、「4 + 2」のレイアウトを実現しています。特に3列に並んだ独立性の高い座席は、2組のカップルと子供やペットなどにも最適な空間を提供するように設計されています。

横3列に並んだシートは独創的。安全性は不安だがしh
横3列に並んだシートは独創的。安全性は不安だが市販車にも盛り込んでほしい

「毎日運転することができ、且つ国立公園やレクリエーションエリアのようなあらゆる場所に行くことができる、機能性が高く、デイリーユースなSUVを目指した」とアルバイサは述べました。また、補助席を確保するために、「Xmotion」では、収納式の「ルーフトップボックス」が搭載されています。「ルーフトップボックス」はさまざまな バッグやレクリエーションツールを収納するのに十分なフレキシビリティと、走行時の空力性能を両立した、優れたデザインになっています。

 

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ