GRヤリスも洗練しちゃう!! ウェッズスポーツのSA-99Rは”粘り”も重視の超本格派だ

 クルマを買ったら交換するパーツの筆頭候補といえばきっとホイールだろう。数多あるホイールメーカーのなかで老舗として存在感を発揮しているのがウェッズ。特に圧倒的なデザイン性と性能の両立で大人気のメーカーだ。

 しかも内容を考えればかなりリーズナブルな価格なのも嬉しい(ホイールは4本必要でこれは非常に大事)。そんなみんな大好きウェッズのモータースポーツ系ホイール「ウェッズスポーツブランド」から2021年モデルの声が聞こえてきた。

 独自製法を採用した最新鋭ホイールで足元をバッチリ決めちゃいませんか?

【画像ギャラリー】SA-99Rはカラーも秀逸!! 全4色は要チェックだ

文/ベストカー編集部、写真/ウェッズ


■軽量だけじゃなく”粘り”も重視した本格スポーツホイール

話題のGRヤリスもバッチリ!! カラーはPSB(プラチナシルバーメタリック)で精悍な印象に

 ウェッズのモータースポーツ系パーツ(ホイール含む)ブランド「ウェッズスポーツ」から、スポーク形状を一から検証し、さらなる軽量化とデザイン性を追求した2021年の最新モデル『SA-99R』が発表された。

 SAシリーズは「Street Advantage(ストリート・アドバンテージ)」の略で、ストリート向けにデザインと軽量化を融合させている。

スポークには流れるような溝があり軽量化を図ったことがわかる。それでいて剛性も確保されているのはさすがウェッズスポーツだ

 SA-99Rは、ウェッズ独自の製法「AMF(アドバンスド・メタル・フォーミング)」で、粘りのある強度と薄肉化による軽量化を実現。デザインは9本フィンスポークタイプを採用し、センター部を限りなく低くすることで、リム幅の狭いサイズも立体感が出るようなデザインとしている。

WRX STIに装着されたSA-99Rのブロンズカラー。王道の細いスポークのデザインながら形状はイチから再検証し軽量化をはかった

 細身のスポークながら、スポークサイドから股部にかけてサイドカット調の形状とすることで、軽量化およびスポーク剛性を確保している。

 安心の日本製で、リーズナブルな価格設定と豊富なサイズをラインナップ。セダンから軽自動車まで幅広い車種をターゲットとしているので、チェックしてもらいたい!!

【画像ギャラリー】SA-99Rはカラーも秀逸!! 全4色は要チェックだ

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ