ADVANが40周年でいいニュース!? 横浜ゴムがWTCRシリーズにアドバンタイヤを供給

■ハコ車の最高峰にふたたびADVANが登場

 横浜ゴムの「ADVAN」レーシングタイヤが2月3日、2018年より初開催される「FIAワールドツーリングカーカップ(WTCR)」のコントロールタイヤに採用された。

 契約期間は2018年から2019年の2年間で、「ADVAN A005(ドライ用)」「ADVAN A006(ウェット用)」を供給する。サイズはともに250/660R18だ。

 「WTCR」といえば昨年までWTCCとして開催されていたカテゴリーで、今シーズンからはFIA TCR車両でのレースが行われる。

 横浜ゴムは2006年から2017年まで12年連続で「WTCC」をサポートしてきた実績が認められ、ワンメイクサプライヤーに指定されたということだ。2018年の「WTCR」は4月7、8日のモロッコ戦を皮切りに全9大会以上が予定されている。

昨年までスーパー耐久にタイヤを供給していたヨコハマ。FIA TCR車両にも当然供給をしていた
昨年までスーパー耐久にタイヤを供給していたヨコハマ。ST-TCRクラスのFIA TCR車両にも供給をしていた

 近年、コスト面での参加のしやすさや白熱した戦いでTCR規定のレースが世界各地で人気となっている。

 横浜ゴムは「WTCR」のほかに地域選手権の「TCR Europe」「TCR Middle East」や各国選手権の「TCR UK」「TCR Portugal」「TCR Benelux」をサポートすることが決定している。

 なお「ADVAN」ブランドは1978年に第1弾商品「ADVAN HF」を発売してから今年誕生40周年を迎えた。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ