60年ぶりの生産再開!! 幻のジャガーD-TYPEの生産が再開される!!

60年ぶりの生産再開!! 幻のジャガーD-TYPEの生産が再開される!!

■62年ぶりに生産再開!! でも公道走行は不可!!

 ジャガーの一部門であるジャガー・クラシックは、ジャガーを象徴するレーシングカー「D-TYPE」の製造を再開することを発表。1956年に最後の1台が製造されてから62年の時を経ての復活となり、これはクルマ好きにもとっても嬉しいニュースになりそう。

最新のファクトリーで生産される60年前のクルマ。凄いロマンチック
最新のファクトリーで生産される60年前のクルマ。凄いロマンチック

 今回ジャガー・クラシックが初めて「D-TYPE」のプロトタイプの組み立てを行い、パリで開催された「サロン・レトロモビル」にて初披露。今回は25台の新しい「D-TYPE」が、英国ウォリックシャーにあるジャガー・ランドローバー・クラシック・ワークスで、手作業で組み立てられるという。

 なぜ25台かとえいば、ジャガーは1955年に「D-TYPE」を100台製作する予定だったが、完成したのは75台だったことに起因する。そして今回、ジャガー・クラシックは、当時の設計を忠実に再現し、残りの25台を完成させてしまおうということだ。なんだかロマンが溢れているお話じゃないの!!

 この「D-TYPE」は6気筒のXKエンジンを搭載し、1955年から1957年にかけてル・マン24時間耐久レースで3回優勝。今回新たに製造する「D-TYPE」でも、あらゆる面においてオリジナル仕様を再現。ジャガーに保管されている「D-TYPE」のオリジナルの設計図や記録を活用し、綿密な調査を行い、1950年代にレーシング・マネージャーのロフティ・イングランドとエンジニアたちが定めた純正仕様を緻密に再現するそうな。

エンジンも忠実に再現するっていうんだからその意気込みは並大抵のものじゃない
エンジンも忠実に再現するっていうんだからその意気込みは並大抵のものじゃない

 しかも1955年型のショートノーズか1956年型のロングノーズの、いずれかのボディタイプを選択することが可能だという。これはコレクターにはたまりませんな!!

 ちなみに公道走行不可でサーキットなどで走るしかないとのことだ。まあそんなのは大した問題でもないように思えるが、気になるのはお値段と日本でも買えるのかということ。ジャガー広報部に投げてみたが、価格は発表していないとのこと。ほしい場合はジャガーの本国のイギリスへ問い合わせる必要があるそうだ。

 きっとお高いんでしょうけど、こんな取り組みはクルマ好きにはたまりませんね!!

最新号

ベストカー最新号

人気車 不人気車 24台のこれから教えます! ベストカー 6月10日号

 GWが明け、大物新車の登場迫る! 2018年はクラウンとジムニー、年末から2019年にかけてスープラの復活など注目車のニューモデルが相次ぐ。そうしたなかで5月10日発売のベストカー6/10号で...

カタログ