ストリートにも最上級のスペックを!! Weds Sport新ホイール誕生

■日本製でセダンから軽カーまで幅広く対応

 ウェッズのモータースポーツ系パーツ(ホイール含む)ブランド「ウェッズスポーツ」から、さらなる軽量化とデザイン性を追求するために、スポーク形状を一から検証し見直した2019年モデル『SA-35R』が発表された。

【BLC II】アンダーカットを採用することでより軽快感を表現。ブランドイメージのブルーを施すことで、レーシーな雰囲気もプラスする

 SAシリーズは、「Street Advantage(ストリート・アドバンテージ)」の略で、デザインと軽量化を融合させたモデルとなっている。今回発表されたSA-35Rは、リーズナブルな価格設定と、スポーツ系はもちろんセダンから軽カーまでカバーする豊富なラインナップも特徴としている。

【WBC】天面切削に青みがかったブラッククリアーを施したWBCは、足元を引き締めスポーツ性も強調

 15本FIN(フィン)スポークタイプのデザインを採用し、切削面のスポークとサブスポークを融合させた5×3FINタイプにより軽量化と剛性バランスの両立を図っている。センター部はかぎりなく低く、リム幅の狭いサイズも立体感を演出できるようなデザインとしている。

 また18インチはディスク面に立体感のあるコンケーブ形状(リム付近から伸びるスポークが中央に向かって落ちていくようなデザイン)とすることで、よりスポーツ感を出している。

【VI-SILVER】光輝感の強いシルバーを採用したことで、スポーク形状による陰影の差が出やすく、立体感が強調される

 ブランドイメージカラーのブルーを施した「BLCⅡ」、青みがかったブラックでスポーツ性を強調した「WBC(ウォースブラッククリアー)」、SA-20R(19、20インチ)に採用した「VI-SILVER」の3フェイスを採用している(15、16インチはWBCのみの設定)。

■weds(ウェッズ) https://www.weds.co.jp

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ