なんと800台以上!!! 「レイズ自慢」が富士スピードウェイに集結 【2023 RAYS FAN MEETING(レイス・ファン・ミーティング)開催】

なんと800台以上!!! 「レイズ自慢」が富士スピードウェイに集結 【2023 RAYS FAN MEETING(レイス・ファン・ミーティング)開催】

 去る4月23日(日)、「モーターファンフェスタ2023 in富士スピードウェイ」に合わせて、2023 RAYS FAN MEETINGが開催された。800台以上のレイズ装着車が集まり、ユーザー同士が触れ合いながらレイズのホイールや愛車について語り合った。

文・写真/ベストカーWEB編集部

■鍛造も鋳造も幅広いラインナップが魅力のレイズ

 昨年の冷たい雨とは打って変わって晴天のなか開催された「2023 RAYS FAN MEETING」。集まったのはなんと800台以上というから圧倒される! 富士スピードウェイのP7駐車場が整然とレイズ装着車に埋め尽くされ壮観だった。

VOLK RACING(ボルクレーシング)ほかレイズの人気ホイールがズラリと展示された
VOLK RACING(ボルクレーシング)ほかレイズの人気ホイールがズラリと展示された

 レイズというとWECやスーパーGTで活躍する鍛造スポーツホイールのイメージが強いと思う。特に「VOLK RACING(ボルクレーシング)」は、クルマ好きなら耳にしたことのあるブランドだろう。しかし、そのほかにも鋳造スポーツモデルの「gram LIGHTS(グラムライツ)」や幅広いドレスアップにマッチする「VERSUS(ベルサス)」、ミニバンやSUVのプレミアムモデルにフィットする「HOMURA(ホムラ)」、ワイルドなオフロード用「TEAM DAYTONA(チーム・デイトナ)」などブランドは多岐にわたる。

レイズ ファン アワードに選ばれたS15シルビアと次点の32GT-R
レイズ ファン アワードに選ばれたS15シルビアと次点の32GT-R

 今回のファンミーティングにも86、BRZ、GRヤリスといったスポーツモデルはもちろんRX-7やR32GT-Rといった旧車スポーツ、アウディやBMW、MINIといった輸入車、アルファードやセレナなどのミニバン、ジムニーやランクル、N-BOXなど、とにかくユーザー層が幅広く、クルマもいろいろなモデルがあって、ドレスアップの見本として見ていて飽きない。

駐車場の一角には初代NSXばかり9台が集結し圧巻だった
駐車場の一角には初代NSXばかり9台が集結し圧巻だった

 いずれもメイドインジャパンにこだわり、安全と信頼を培ってきたからこそ、これほど多くのファンから愛されるのであろう。

 ボルクレーシングシリーズの中でも大定番といえるTE37にはいくつかのモデルがあるが、オーナーたちがあちらこちらで愛車自慢をしている姿が印象的。アルミホイールの場合、ドレスアップの要素に加え、剛性や軽さがクルマのパフォーマンスを引き出す重要な要素になるため、ファンミーティングに集ったユーザー同士の意見交換は、ホイール選びの重要な情報になるはず。

ド迫力のブリスターフェンダーを装着したGRヤリスはしっかり車検対応
ド迫力のブリスターフェンダーを装着したGRヤリスはしっかり車検対応

 また今回は「ARホイール シミュレーター」が注目を集めた。2023年の新作アルミホイールをスマホを使って、バーチャルで愛車に装着できるもので、来場者からは「かっこいい!」とか「これ欲しい!」といった声が挙がっていた。

スーパーGTに参戦するモデルも展示された
スーパーGTに参戦するモデルも展示された

 集まったユーザーたちが投票して決める「レイズ ファンアワード」には見事S15オーナーが獲得して、ファンミーティングは無事終了。来年はさらにパワーアップして開催されるはずだから、今年来そびれたレイズオーナーはしっかりチェックしよう。

【画像ギャラリー】なんと800台以上!!! 「レイズ自慢」が富士スピードウェイに集結 【2023 RAYS FAN MEETING(レイス・ファン・ミーティング)開催】(8枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します