テスラ追撃なるか!? BYDのクーペSUV「シーライオン」が唸っちゃうデキ!! 日本にもアザラシの次はアシカ導入か?【広州モーターショー2023】

テスラ追撃なるか!?  BYDのクーペSUV「シーライオン」が唸っちゃうデキ!!  日本にもアザラシの次はアシカ導入か?【広州モーターショー2023】

 BYDは広州モーターショー2023でクーペSUV、「シーライオン07」をワールドプレミアした。なかなかスタイリッシュなエクステリアデザインを持つ、このシーライオン07でテスラモデルYを追撃態勢に入る!

文、写真/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生

■SEALと同じデザインチームが外装を担当

広州モーターショー2023で満を持してアンベールされたBYDのクーペSUV、シーライオン07
広州モーターショー2023で満を持してアンベールされたBYDのクーペSUV、シーライオン07

 今回、BYDが公開したのは海洋シリーズと呼ばれる、海洋生物にちなんだ車名で展開しているモデル。

 これまでハッチバック車の「ドルフィン」(イルカ)を日本でも発売しており、間もなく発売予定のセダン「SEAL」(アザラシ)が控えており、中国現地ではベストセラーモデルとなっているコンパクト、「シーガル」(カモメ)などをラインナップしている。

 広州モーターショーでワールドプレミアされた「シーライオン07」は、全長4830×全幅1925×全高1620mm、ホイールベースは2930mm。現地メディアによる推定価格は20万中国元(約400万円)~28万中国元(約560万円)という設定となるEV。想定される競合車種はテスラモデルY(中国現地価格26万6400中国元~=約530万円~)だ。

 採用されるプラットフォームはATTO3やSEALと同じ「e-Platform3.0」で、将来的には中国市場でPHEVモデルを追加投入する予定だという。

アウディやランボルギーニのデザインを手がけたチームがSEALとこのシーライオン07のデザインも担当している
アウディやランボルギーニのデザインを手がけたチームがSEALとこのシーライオン07のデザインも担当している

 会場で見た印象はセダンのSEALと同じ顔を持ったSUVという印象だったが、そもそもデザインを手がけているのはランボルギーニやアウディなどで活躍していたヴォルフガング・エッガー氏のデザインチームで、SEALも手がけているというから納得。「Ocean X Face」という共通デザインを採用している。

 ただ、シーライオンのフロントバンパーサイドの形状はSEALよりも鋭角でアグレッシブな形状を採用しており、シャープな印象のフロントマスクに仕上がっている。

次ページは : ■同じくSUVモデルを続々と追加か?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!