普通のOLから大転身! アメリカでトラック乗りになった「なでしこトラッカー」PUNKさんの素顔の自叙伝

普通のOLから大転身! アメリカでトラック乗りになった「なでしこトラッカー」PUNKさんの素顔の自叙伝

 アメリカに、ヘリコプターを操縦し大型トレーラを運転する「なでしこトラッカー」がいた! カリフォルニア州でトラックドライバーをしているPUNKさんだ。

 アメリカには意外と多くの日本人ドライバーがいるが、まさかその中に日本人女性がいたなんて、とても嬉しい驚きではないだろうか? ちなみに愛称の「PUNK」は、アメリカ人の旦那さんの命名だそうで、パンプキンパイの略なんだとか。

 現在は、自分のトラック・自分の裁量で仕事をする念願のオーナーオペレーターとして全米各地を駆け巡っているPUNKさんだが、トラックマガジン「フルロード」の第5号で女性ドライバーに焦点を当てた「素顔の自叙伝」にご登場いただいた時は、七面鳥のファームで働く地場ドライバーだった。

 アメリカに渡ったなでしこトラッカーが見せる仕事ぶりは、やはり日本人女性の秘めたる粘り強さ・力強さを感じさせるものだった。

文・写真/PUNK
*2012年1月発売トラックマガジン「フルロード」第5号より

【画像ギャラリー】ピータービルト「379」とPUNKさん(13枚)画像ギャラリー

トラックドライバーになったきっかけ

 皆様はじめまして、PUNKです。アメリカのカリフォルニア州でトラックドライバーをしています。

 日本で高校を卒業し、普通にOLをしていました。勤務先は某建設機械販売の会社で、毎日のようにトレーラに重機を積んで運んでくるトラックを見ていた私は、次第にトラックドライバーに憧れを抱きました。

 毎日同じ景色のオフィスで、お茶くみ、コピー、コンピューターの打ち込み、会計処理……。タバコの臭いや、鳴り止まない電話、支店長の怒鳴り声と、みんなのイライラ。こうした生活から抜け出したいと思うようになっていきました。

 それに、大好きな運転でお金がもらえれば幸せなことだし、トラックの運転というスキルを身につければ、まず食いっぱぐれは無いだろうと思って……(笑)。

 そして新聞にはさまっている求人広告に常に目に通すようになったある日、「キャリアカー乗務員募集(大型・トレーラ、普免可)」が目にとまりました。そしてなんと、当時には珍しく「女性可」の文字が!!

 正直、大型トラックを運転する自信はありませんでしたが、これはチャンスだと思い、勇気を出して、ダメもとで電話をし、面接の日程を教えてもらいました。

 履歴書を持って会社に行くと他にも3人居ました。皆さん大型またはトレーラの免許を持っている方達で、普通免許しかない私は「あ~、ダメかな……」と半分あきらめ状態。でも人手不足だった会社は全員採用を決定し、私は普通免許で乗れる4トン車、3台積のキャリアカーで仕事をする事になりました。

 ほとんど毎日違う場所にクルマを配達するので、地図の見方はもちろん、固縛の仕方、ウインチの使い方、昇降台の動かし方、そしてクルマの乗せ方、すべて厳しく教わりました。およそ半年経った頃から、仕事の後にトレーラを借りて練習するようになりました。

 早く憧れのトレーラドライバーになりたくて、運転の練習を始めたんですね。

 いわゆる「一発試験」でしたので、前日に2時間教習を受けて、翌日、感覚を忘れないうちに試験に臨みました。車庫入れもギリギリうまく入って幸運にもパスしました。当時は「たくさん運転の経験を積んだら路線バスに乗りたい」と思っていたので、大型2種の免許も取得しました。

 キャリアカーの仕事は本当に色々な事がありました。仲間との楽しい思い出がいっぱい。辛い事もありましたが、それも今となっては貴重な経験です。全部お伝えしようとすると何百ページにもなりそうです。

次ページは : なぜアメリカに渡ったのか?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ