高速での走り方やSAの迷惑駐車! 人の振り見て我が振り直せ? 長距離ドライバーが路上でのマナー違反を語る

 道路上での「マナー」が取りざたされることが増えています。マナーとルールの線引きは難しいけれど、ルールは守るべき規則、マナーは礼儀・行儀・作法のことで、マナーには相手を思いやる心がその根幹にあるといいます。

 道路を仕事場とするトラックドライバーは、路上マナーの悪いクルマを頻繁に見かけます。マナー違反は乗用車だけでなく、同業のトラックにも言えること。プロドライバーなら他者(他車)を気遣う運転をしたいものです。

 「人の振り見て我が振り直せ」なんてことを言いますので、九州発の長距離運転手・ひろしさんに、「マナー違反じゃない?」と思うことを語ってもらいました。

文/長距離ドライバー・ひろしさん、写真/「フルロード」編集部

【画像ギャラリー】長距離トラックドライバーの視点で見た路上でのマナー違反(6枚)画像ギャラリー

長距離運転手が直面する駐車枠問題

 「それってマナー違反じゃない?」と思う事は多々あります。長距離運転手が常に直面するのが高速道路のサービスエリア等での駐車枠問題です。一般車が大型車のスペースに我がもの顔で駐車しているのです。

 百歩譲って連休期間中やトラックが比較的少ない週末ならある程度の理解はしますが、平日夜のトラックがもの凄く多い時間帯にこれをやられると本当に困るので是非注意して頂きたいと思います。

 一般車の人達にいわせれば、「普通車のスペースに駐車しているトラックの責任!」と言われてしまいそうです。

 近年ニュース等で良く取り上げられるのでご存じの方も多いと思いますが、早い所では夕方から、それ以外でも夜から朝に掛けての高速道路のサービスエリア内は、トラックを止められる駐車スペースが全くと言っていいほど空いていません。

 ニュースでは、東京インターの深夜割引待ちの為にサービスエリアで時間調整するトラックが溢れて一般車両が止める場所もないといった、いかにもトラック業界が高速料金を浮かす為だけにサービスエリアを占拠してるかのような報道がされています。

東名海老名SAエリアのトレーラ駐車枠。一般車に人気のSAエリアだけあり混雑時には、溢れた車両が所構わず駐車する光景が頻繁にみられる

 実態はホントにそうなんでしょうか?

 交通量の多い東京インターが目立つのはしょうがないとして、関西圏のサービスエリアも京都、大阪近辺は駐車率が100%を超えています。

 関東、関西の主要都市近辺だけではありません。西に向かう山陽道、九州道のサービスエリアも21時以降は蟻の入る隙間もないくらいの駐車率です。

 これは何が原因なのか? 本当に深夜割引待ちのせいで起きている現象なのか? 僕は違うと思います。トラック運転手には、連続して8時間の休息や分割して合計10時間の休息が法律で定められています。

 これを取らないといけないが為にサービスエリア内にどんどんトラックが溢れかえっているのです。高速道路を下りて大型車を安心して長時間止められる場所はありますか? 荷主は全て工業団地内、もしくは港にあるわけではありません。

 工業団地内や港にあったとしても、駐車場がなければ結局は路上駐車での待機になります。過去に路上で仮眠待機していたトラックが駐車違反で切符を切られた話も聞きます。

 インフラが整ってないのに法律は運送業界を締め付ける。この状況は誰が作りあげたものなのでしょう? 運転手に充分な休息を取らせる為の法律が、かえって運転手の首を絞めている事に気づかないのでしょうか?

個人のモラルも問われている

 残念ながら長時間路上やサービスエリアで待機させられて、ゴミをポイ捨てする運転手も多いです。これはマナー違反云々の前に、個人個人のモラルの問題だと思います。

 自分の家の庭先にゴミをポイ捨てしますか? 自分の会社の敷地内にゴミをポイ捨てしますか? 「はい! 捨てます!」と言う人には通じない話になりますが、普通は自分の敷地内ではポイ捨てしないと思います。

 サービスエリアにはゴミ箱が設置してあるので食べカス飲みカスは、ゴミが出た時点で捨てれば良いのに……。どうしてこんな子供でもわかるような事ができないのか、甚だ疑問です。

 僕もサービスエリアから朝動き出す時に、道路や合流部にゴミが捨てられているのを毎回見かけます。運転手のこういった行為が運送業界のイメージを貶めている事だと気付きませんかね?

 ゴミをポイ捨てしているトラック運転手はごく一部だと思いますが、そのせいで運転手はゴミのポイ捨てする輩というイメージが世の中の認識になってしまっています。このような行為は業界のイメージダウンに繋がるので是非やめて頂きたいです。

次ページは : 高速道路の走行マナーが悪化している?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ