うぉぉぉ……マジでやったぞ!! AE86が4A-GE水素仕様とBEVで激走!! 「トヨタはクルマ好きを置いていかない」に涙出るわ

うぉぉぉ……マジでやったぞ!! AE86が4A-GE水素仕様とBEVで激走!! 「トヨタはクルマ好きを置いていかない」に涙出るわ

 東京オートサロンのトヨタブースの見どころは2台のAE86だ。トレノをベースにした「AE86 H2コンセプト」とレビンをベースにした「AE86 BEVコンセプト」だ。マジでスゴくて本当に胸がアツくなるですよ……!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:トヨタ

【画像ギャラリー】「でんき自動車(実験用)」に愛しか感じない!? ハイパーハチロクを見よ(8枚)画像ギャラリー

■「トヨタはクルマ好きを誰ひとり置いていかない」

左のレビンがBEV、右のトレノが水素エンジン仕様だ。それぞれに「でんき自動車(実験用)」「水素エンジン(実験用)」という切り抜き文字が。『頭文字D』リスペクト!!
左のレビンがBEV、右のトレノが水素エンジン仕様だ。それぞれに「でんき自動車(実験用)」「水素エンジン(実験用)」という切り抜き文字が。『頭文字D』リスペクト!!

 2023年のオートサロンはレクサスとトヨタが同じブースで出展し、「トヨタはクルマ好きを誰ひとり置いていかない」を共通テーマとする。

 具体的には「愛車を守るカーボンニュートラル」「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」「愛車と楽しむ多様なライフスタイル」の3つがコンセプト。

 そのなかでも出展される2台のAE86は「愛車を守るカーボンニュートラル」の具体的提案となる。つまり保有されている車両に対して、どのようなカーボンニュートラルの提案ができるか?に答える形での出展だ。

 今回は極秘裏に富士スピードウェイで行われた2台のシェイクダウンの模様をレポートしたい。

■水素トレノはGRが、BEVレビンはレクサスが開発

ここは榛名山か……と思いたくもなるかット。トヨタの皆さんもイニD好きすぎるでしょ(笑)
ここは榛名山か……と思いたくもなるかット。トヨタの皆さんもイニD好きすぎるでしょ(笑)

 今回の2台、面白いのはAE86 H2コンセプトはGRが開発し、AE86 BEVコンセプトはレクサスが開発したことだ。

 どちらも佐藤恒治氏がプレジデントを務めることもあり、協調の領域が進んでいることをうかがわせるとともに、GRは内燃機関へのこだわり、レクサスは電動化 とそれぞれの強みを生かした提案となっている、どちらも有志が開発に関わっているというが、社内で競争も行われていることをうかがわせる。

 さてこの2台、コンセプトカーとはいえ、実際に走行可能でスーパー耐久に水素エンジンカローラで参戦する佐々木雅弘選手のドライブにより、富士スピードウェイのショートコースで2台をシェイクダウンしているから本気だ。

 BEVのパワートレーンは北米のフルサイズピックアップ、タンドラ・ハイブリッドのモーターを使い、モーター最高出力は68.4kW(93ps)、モーター最大トルクは190Nm(19.4kgm)、バッテリーは先代プリウスPHEVのリチウムイオンで容量は8.8kWh だ。

BEVでMTである意味を問う人も多い。しかし従来のスポーツカーの操作感や爽快感を得るには、やはりBEVにもMTがあることで増幅するものだ
BEVでMTである意味を問う人も多い。しかし従来のスポーツカーの操作感や爽快感を得るには、やはりBEVにもMTがあることで増幅するものだ

 BEV化して車重は1030kgとなったが、トランスミッションはGR86の6MTというのがユニークなところだ。ベース車両のレビン/トレノの4A-GEUは、直列4気筒DOHC16バルブ、最高出力130ps/6600rpm、最大トルク15.2kgm/5200rpm(いずれもグロス表記)、車両重量960㎏だった。

 つまり絶対パワーは大幅ダウンしているが、トルクは4kgm以上アップしているので、車重を考えれば加速は強力。開発陣を代表してRZのチーフエンジニアを務める渡辺剛氏が「ドーナツターンを可能にすること」を目標にしたというとおり、佐々木選手も何度もドリフトを決め「めっちゃ楽しい!」とコメントを残していた。

 BEVにMTは意味がないと言われるかもしれないが、加速フィールがエンジンの感覚に近くなることで、意外なBEVの楽しみ方を提案してくれたと思う。もちろんサウンドこそないが、疑似音を出すこと(テスト車両は「車内だけエキゾーストノートが響く仕様」だった)で「BEVはどれも一緒」という声に対抗できる。

次ページは : ■4A-GEUをポート噴射のままで水素エンジン化

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ