うぉぉぉ……マジでやったぞ!! AE86が4A-GE水素仕様とBEVで激走!! 「トヨタはクルマ好きを置いていかない」に涙出るわ

■4A-GEUをポート噴射のままで水素エンジン化

名機4A-GEUをいかして水素エンジン化。パワーはかなり少なめだが今後の開発次第でガソリンエンジン並の動力性能を発揮してくれる、はずだ
名機4A-GEUをいかして水素エンジン化。パワーはかなり少なめだが今後の開発次第でガソリンエンジン並の動力性能を発揮してくれる、はずだ

 一方の水素エンジントレノだが、こちらは4A-GEUエンジンのままで、MIRAIの小さいほうの高圧タンク2本搭載し、インジェクターなど水素用に変更されているが、最小限の改造で水素エンジン化が図られている。

 ここで注目すべきは直噴ではなく、ポート噴射のままなこと。一般に水素エンジンでは直噴が必須とされている。理由はポート噴射では圧力が低すぎてエンジンの筒内に燃料が入っていかず、パワーが出ないことが挙げられる。

 エンジンの筒内に高い圧力で燃料を噴射できる直噴のインジェクターが有効であることは言うまでもないが、あえてポート噴射のままにしたことで、AE86らしさを残しているともいえる。

 実際に水素エンジントレノの最高出力は30psほどで、佐々木選手も乗りにくそうにしていた。それでも「AE86の高回転のフィーリングなどは感じられ、今後に期待したい」とコメントを残している。

内装も極力残しているのが嬉しい。たとえガソリン車は滅びようとも、これまでのヘリテージは滅びることはない。そんな可能性を感じるコンセプトカーだ
内装も極力残しているのが嬉しい。たとえガソリン車は滅びようとも、これまでのヘリテージは滅びることはない。そんな可能性を感じるコンセプトカーだ

 GR車両開発部の高橋智也部長によれば「ポート噴射でどこまでできるか? やってみようということです」とその意義を語るが、BEVに比べると旧型車を水素エンジン化することの難しさが改めて浮き彫りになった形だ。

 しかし、負け嫌いのGRのことだ、一昨年始まった水素エンジンプロジェクトが、継続してレースに参戦することで大きな進化を遂げたように、何らか次の進展が必ずあるはずだ。

 AE86によるBEVと水素エンジンモデルの提案は、カーボンニュートラルを身近に感じさせるとともに、大きな注目を集めるはずだ。

 さらに言うなら今後AE86のカーボンニュートラル燃料仕様の提案があれば、より多くのクルマ好きにアピールできるはずだ。なお、2023年は1983年にAE86が発売されて40周年となり、記念した新たな取り組みにもこれから期待したい。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!