三菱期待の新車デリカミニ発表! なぜデリカD:1にならなかった? EV版は出る? パジェロミニは??? 開発責任者へ直撃取材がツボだった!!

三菱期待の新車デリカミニ発表! なぜデリカD:1にならなかった? EV版は出る? パジェロミニは??? 開発責任者へ直撃取材がツボだった!!

 2023年1月13~15日、幕張メッセ(千葉県)で開催されている東京オートサロン。三菱ブースでは新型軽スーパーハイトワゴン(SUV風)「デリカミニ」が世界初披露となった。13日(金)に開催された記者発表会では商品開発責任者である藤井康輔氏とモータージャーナリストの竹岡圭氏がトークイベントを実施。そこで繰り広げられたトークが「そこ知りたかった!!」とツボを見事に抑えた内容だったので、以下お伝えします。

文/ベストカーWeb編集部、写真/三菱自動車、ベストカーWeb編集部

■「デリカミニ」が出たなら「パジェロミニ」も…??

 東京オートサロン2023にて世界初公開され、2023年1月13日より全国の三菱販売店にて予約注文受付が開始された新型軽自動車デリカミニ。正式発売日は同年5月だが、なにしろ日本で一番売れている軽スーパーハイトワゴンというジャンルであり、しかも流行りのSUV風ということで、早くも大きな話題となっている。

新型デリカミニは2023年5月発売予定とのこと。SUV風…というにはかなり本格的なデザイン
新型デリカミニは2023年5月発売予定とのこと。SUV風…というにはかなり本格的なデザイン

 両側スライドドアを持ち、クラス最大級の後席スライド量やシートバックを倒すとフラットになる荷室、高い使い勝手に個性的なデザインが相まって、非常に三菱らしいモデルといえる。2WD/4WD、ターボ/NAが用意され、価格帯は約180万~約225万円(消費税込)とのこと。ベースであるeKクロススペースからの改良点は多く、特に4WD車には大径タイヤと専用にチューニングされた足回りが与えられている。

 そんな注目の新型デリカミニの初披露会見(in東京オートサロン2023)にて、商品開発責任者である藤井康輔氏と、モータージャーナリストの竹岡圭氏がトークショーを実施。このトーク内容がなかなか鋭かったので、以下、内容を紹介します。

【新型デリカミニ スペシャルトークショー】

自動車ジャーナリスト・竹岡圭氏(以下、竹岡)/新型デリカミニの特徴はどんなところでしょうか?

新型デリカミニ商品開発責任者・藤井康輔氏(以下、藤井)/そうですね、まず見ていただきたいのはふたつです。ひとつはデザイン。ひと目で「デリカだ」と分かるデザインになっているところがポイントだと思います。もうひとつは走行性能です。アウトドア系の雰囲気を持つ軽スーパーハイトワゴンはライバル車がたくさんありますが、このデリカミニは大径タイヤと専用チューニングしたショックアブソーバーで、かなり異なった乗り味になっています。ぜひ乗り比べていただきたいです。

東京オートサロン2023の三菱ブースにて世界初披露された新型デリカミニ。トークショーは1月13日13:00~に実施された
東京オートサロン2023の三菱ブースにて世界初披露された新型デリカミニ。トークショーは1月13日13:00~に実施された

竹岡/わたし、この「デリカミニ」という車名を最初に伺った際に、ぜひ聞きたいことがあったんです。三菱には「デリカD:5」がありますよね。「デリカD:2」もある。そうすると、デリカの軽自動車なら「デリカD:1」という車名にしたかったんじゃないですか?

藤井/いやあ、そういう案もあったんです。まず「デリカ」というブランドは、仲間や家族との時間を大切にするクルマ、というイメージがあります。その新しい仲間ですから、「D:1」というプランもありました。ただそのいっぽうで、D:5には武骨というかたくましさというか…どちらかというと強い男性的なイメージがあります。デリカの新しい仲間となる軽自動車には、新たに若い方や女性にもぜひ馴染んでいただきいたいと考えていまして、そうすると「ミニ」という親しみやすいフレーズのほうがいいだろう、ということで「デリカミニ」という車名に落ち着きました。

広大な室内と使い勝手が高そうなインパネ。シート地は「アウトドアダウンジャケットを意識した専用デザイン」とのこと
広大な室内と使い勝手が高そうなインパネ。シート地は「アウトドアダウンジャケットを意識した専用デザイン」とのこと

竹岡/なるほどそういう事情が…。ただ三菱で「伝統ブランド名+ミニ」と聞くと、「パジェロミニ」もイメージしちゃいますよね。このまま勢いに乗ってパジェロミニも復活させる…なんていう計画はないんですか?

東京オートサロン会場全体でも有数の人気となった新型デリカミニ
東京オートサロン会場全体でも有数の人気となった新型デリカミニ

藤井/(苦笑)多くのお客さまから、そういう要望をいただいておりまして、とてもありがたい話なのですが、ただ残念ながら現時点ではそういう計画はありません。

竹岡/そうですか…残念…諦めずに待ちます。あと御社にはeKクロスEVもあって、こちらもとても売れていますよね。そうなると、このデリカミニにも「EVバージョン」を期待しちゃうんですが、そちらはどうでしょう?

藤井/(再び苦笑)軽EVに両側スライドドアを持つモデルが欲しい、という声もいただいております。こちらもありがたい話なのですが、ただ現時点ではまだ計画はなく、また、デリカミニをこの先どう進化させてゆくかは、いろいろな選択肢があると思っています。そこはしっかり考えていきたいですね。

竹岡/そうですか。いやー早く運転してみたいです。

この手の軽スーパーハイトワゴン(SUV風)のジャンルで、開発責任者が「ぜひ運転してみてください」と言うのは、相当な自信があるということ。市場が楽しみ
この手の軽スーパーハイトワゴン(SUV風)のジャンルで、開発責任者が「ぜひ運転してみてください」と言うのは、相当な自信があるということ。市場が楽しみ

藤井/走行性能には自信があります。ぜひ実際に乗って試していただきたいです。毎日のワクワク感が上がると思います。それに、デリカといえばやはりカスタマイズを楽しめるモデルでもあると思うので、今後はそういった方面での仕掛けも考えてゆきたいです。

竹岡/カスタマイズ!! いいいですね、愛着がわきそうなクルマです。日常のちょっとしたチャレンジの相棒になってくれそうですよね。

★    ★    ★

 通常、世界初公開に合わせたトークイベントだと、なかなか突っ込んだ話は出ないものだが、「パジェロミニは出るんですか?」や「EV化は?」など、なかなか興味深い話題に切り込まれたトークショーでした。

 デリカミニ、冒頭にあるように全国の三菱ディーラーにて予約注文の受付を開始しています。価格は約180万~225万円と、軽自動車にしてはかなり強気なプライシングですが、それでもライバルのSUV風軽スーパーハイトワゴンと比べると充分競争力のある価格と装備内容。チーフエンジニアも思わず「ぜひ乗り比べてほしい」と言うほどの自信作、早く試乗してみたいです。

【画像ギャラリー】これが新型デリカミニ!!! 詳細画像をじっくり見ると、じんわり欲しくなる…欲しく……なってきた!!!(19枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ