オデッセイ中古車最新事情入手!! かつての大人気車がお買い得!?

 現在のミニバンブームのきっかけとなったのが、1994年に登場した初代ホンダオデッセイだ。

 商用車をベースとしたキャブオーバタイプの1BOX車が主流だった時代に、乗用車アコードのFFプラットフォームを流用し、乗用車に匹敵する走行性能と乗り心地を実現することで大ヒットモデルとなった。

 そして2003年に登場した3代目オデッセイは超低床プラットフォームを採用。全高1550mm以下の抑えることで、都市部に多く存在する立体駐車場を利用可能なミドルサイズミニバンとして利便性の高さを誇り、2008年より販売される4代目にもこの優れたパッケージングは引き継がれた。

 以下、このオデッセイの現状と、「中古車市場で狙いである」ということの理由と事情を解説していきたい。

文:萩原文博、写真:ホンダ

【画像ギャラリー】歴代オデッセイを振り返る


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ