オデッセイ中古車最新事情入手!! かつての大人気車がお買い得!?

 現在のミニバンブームのきっかけとなったのが、1994年に登場した初代ホンダオデッセイだ。

 商用車をベースとしたキャブオーバタイプの1BOX車が主流だった時代に、乗用車アコードのFFプラットフォームを流用し、乗用車に匹敵する走行性能と乗り心地を実現することで大ヒットモデルとなった。

 そして2003年に登場した3代目オデッセイは超低床プラットフォームを採用。全高1550mm以下の抑えることで、都市部に多く存在する立体駐車場を利用可能なミドルサイズミニバンとして利便性の高さを誇り、2008年より販売される4代目にもこの優れたパッケージングは引き継がれた。

 以下、このオデッセイの現状と、「中古車市場で狙いである」ということの理由と事情を解説していきたい。

文:萩原文博、写真:ホンダ

【画像ギャラリー】歴代オデッセイを振り返る


現行型オデッセイはどんなクルマ? 

 5代目となる現行型オデッセイは2013年より販売を開始。

 従来モデルはヒンジ式のリアドアを採用していたが、現行型オデッセイは上級モデルである「エリシオン」とのモデル統合によりシリーズ初のリアスライドドアを採用したのが特徴だ。

5代目(現行型) オデッセイ

 このスライドドアの採用により全高は1685~1715mmとなり、立体駐車場対応ではなくなっただけでなくトヨタアルファード/ヴェルファイア、日産エルグランドといったLLサイズミニバンがライバル車となり、新車販売は苦戦を強いられるようになった。

 現行型オデッセイに搭載されているパワートレインはデビュー当初は2.4L直列4気筒エンジンのみだったが、2016年2月に一部改良で、スポーツハイブリッドi-MMDと呼ばれる2Lエンジンを採用したハイブリッド車を追加。

 また、2017年11月にマイナーチェンジでは、従来一部グレードに標準装備だったホンダの運転支援システム「ホンダセンシング」の装着全グレードに拡大し、優れた燃費性能そして安全性能を実現した実力派ミニバンと言える。

 このような、「実力は高いが人気がいま一歩」という現行型オデッセイのようなクルマこそ、中古車で狙い目となるモデルなのだ。

 それは、中古車では人気という要素が価格に反映されるため、本当は高く評価されるべきクルマが、「さまざまな理由でいまはそれほど人気がない」ということで割安な価格になってしまうからだ。

 そこで、現行型オデッセイの最新の中古車事情を調べてみた。

オデッセイの中古車市場を調べると

 現在、現行型オデッセイの中古車の流通台数は約815台で、緩やかな増加傾向となっている。

 中古車の平均走行距離は3ヵ月前が約3.8万kmだったが、今月は約3.6万kmと若干減少。

 これは走行距離の少ない高額な中古車が市場に出回ったことを示しており、平均価格は3カ月前の約228万円から約239万円へと上昇しているのだ。

 もう少し長いスパンで平均価格の推移を見てみると、2019年1月の時点で約249万円だった平均価格は8月まで値落ちが続き最安値の約228万円となった。

 しかし、ちょうど3カ月前の8月を底値にじわじわと値上がりが続き、現在は約239万円まで値を戻している状況なのだ。

 過去には戻れないが、現行型オデッセイの中古車は2019年8月が買い時だったのだ。

 ちなみに現行型アルファードの中古車の平均価格は3カ月前が約420万で、今月は410万円と車両本体価格が高いこともあり、はるかに高価格となっている。

現行型アルファード

 また、2016年に登場したミニバンの人気モデル、日産セレナは3カ月前も現在も約258万円で、モデルが新しいこともありオデッセイよりも平均価格は高くなっている。

2017年代から値落ちしている

 年式別に現行型オデッセイの値動きを見てみると、2013~2014年式の初期モデルは横這いで、2015年~2016年式が値上がり。

 そしてハイブリッド車が追加された2016年~2017年式そしてマイナーチェンジ後の2017~2019年式は揃って値落ちしているのだ。

マイナーチェンジした5代目(現行型)オデッセイ(2017年)

 これは、値落ちしていた現行型オデッセイの割安感に気づいた多くのユーザーが、価格の安い現行型オデッセイの中古車を購入したことにより、平均価格が上昇しているという現象が今、起こっているということ。

 現在、現行型オデッセイの中古車の価格帯は100万円以下の中古車もわずかに出回っていて、約79万~約478万円と非常に幅が広い。

 しかも高価格帯の中古車流は走行距離10kmという新車未登録車も出回っている。そのいっぽうで予算200万円以下に絞って検索しても約240台もヒットするので、条件に合ったモデルを見つけやすい。

 グレードの分布を見てみると、デビュー当初から販売されているガソリン車の2.4アブソルートと2.4アブソルートEX両グレードがともに約160台と多い。

 しかし、2.0ハイブリッドアブソルートホンダセンシングEXパッケージが約80台、2.0ハイブリッドアブソルートEXホンダセンシングが約50台と流通台数が増えている。

 運転支援システムであるホンダセンシング装着車に絞れば、2.4Lガソリン車より2.0Lハイブリッド車のほうが流通台数は多いくらいである。

オデッセイを買うならこれ!!

オデッセイ ハイブリッドアブソルート
(ホンダセンシング標準装備)

 ハイブリッド車で最も流通台数の多い、2.0ハイブリッドアブソルートホンダセンシングEXパッケージの価格帯は約230万~約390万円で、200万円台前半で運転支援システムや快適装備が充実したホンダのフラッグシップミニバンが手に入るのである。

 いっぽう、2.4Lガソリン車でホンダセンシングを標準装備しているグレードで最も多い2.4アブソルートEXホンダセンシングの価格帯が約239万~約390万円と同レベルとなっているのである。

 走行距離はハイブリッド車のほうが延びているが、新車時価格の差がほぼ無くなっているのである。これならば、ハイブリッド車を積極的に狙うのが賢い選択と言えるだろう。

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ