BMW最後のコンパクトFR! 中古の先代1シリーズ&2シリーズクーペは買いか?


 2シリーズよりも小さなモデルではFF化が進められているBMW。そのため、手頃なボディサイズで後輪駆動を採用するBMWとしては最後になるかも? と最近注目を集めているのが現行型2シリーズクーペ。

 それに、すでに現行型ではFFレイアウトになってしまった1シリーズは、先代型が最後のFRとして中古車での人気が上昇中。2シリーズクーペのほうは現行型だが、デビューから7年を迎えるため中古車が充分に流通している。

 まさにクルマ好きにとって注目の希少なFRのBMWである先代1シリーズと2シリーズクーペ。その中古車は、今「買い」なのか?

文/伊達軍曹  写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】BMWのコンパクトFR、1シリーズ・2シリーズの内外装を写真でチェック!!


■クルマ好き注目の先代1シリーズ&2シリーズクーペ

 今の時代「FRであること」に過剰にこだわる意味はない……のかもしれないが、それでもやはり「ステアフィールのよさ」や「後輪が路面を蹴り出す感覚」が感じられるFR車に注目してしまうのは、クルマ好きの性(さが)あるいは宿命である。

 しかしながらFRレイアウトを採用するクルマは年々減少中で、ついにはあのBMWでさえ、2シリーズ以下のモデルでは着々と「FF化」を進めているという有様。

 まぁ次期型の2シリーズについては「クーペとM2だけはFRにする」との情報もあるようだが、今のところ「いちおう最後のBMW製FRマシン」である現行型2シリーズと、「最後のFR 1シリーズ」となった先代BMW 1シリーズには、クルマ好きとして注目しないわけにいかない。

 そこでここでは両モデルの「中古車」について、さまざまな検討を行ってみたい。

■先代BMW1シリーズは2015年のマイチェンで大きく変わった

 まずは先代BMW 1シリーズから。

 F20こと先代BMW 1シリーズが登場したのは2011年9月のこと。クラス唯一のFRレイアウトを採用した5ドアハッチバックで、上陸当初のグレードは116iと120i。エンジンはどちらも1.6L直4直噴ターボだが、最高出力は前者が136psで後者が170psだった。

F20型BMW1シリーズはフロント縦置きエンジン、後輪駆動のレイアウトにすることで理想的な重量配分を実現している。写真はマイチェン後モデル

 そして標準モデルのほか、デザインラインとして「スポーツ」および「スタイル」という2つの仕様も存在した。

 2012年5月には人気の「Mスポーツ」も追加し、同年8月には最高出力320psの直6ターボを搭載するM135iも追加。そして2015年5月のマイナーチェンジで、正直ちょっと微妙だった顔つきをイケメン系に刷新。同時にパワーユニットも改良し、116iは「118i」という車名に変わった。

 そして、ややこしいことに同年8月には118iのエンジンが1.6L直4ターボから1.5Lの直3ターボに変更され、2016年5月には2L直4ディーゼルターボの118dも追加された。

F20型 BMW 118iの直列3気筒1.5Lガソリンターボエンジン。最高出力136ps/4400rpm、最大トルク22.4kgm/1250-4300rpmを発生する

 さらに同年9月にはM135iが「M140i」に進化し、さらにさらに同年11月には120iのエンジンを新世代のモジュラータイプに変更。

 そして2017年8月には内装を微妙にリファインし、2019年8月に、ご承知のとおりFFとなった現行型1シリーズにバトンを渡した――、というのが、先代1シリーズの簡単なヒストリーである。「簡単な」というわりには長くなってしまったが。

 で、ここから先はスピーディに進めよう。

次ページは : ■後期型の1.5Lガソリン車、118iが狙い目

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ