ホンダ S2000の中古車が急騰!! エンジン撤退発表で最後の至宝に需要殺到!?

ついに平均価格330万円超に!? ホンダS2000の中古車が急騰!!

 純エンジン車から撤退発表が引き金? ホンダ至宝のエンジン搭載した「S2000」の中古車がまさかの急騰中!?

 F1第8戦シュタイヤーマルクGPそして、第9戦オーストリアGPをレッドブル・ホンダのマックス・フェスルタッペンが連続ポールトゥウィンで飾った。これで、レッドブル・ホンダは5連勝となり、ホンダパワーユニット搭載車は1988年のセナ・プロストを擁した1988年以来33年振りの快挙となった。

 しかし、ホンダは2021年でF1から撤退することが既定路線。さらに2021年4月23日に行われた社長就任会見の「2040年にグローバルでEV、FCVの販売割合で100%を目指す」という発表がなされて、ホンダの純エンジン車からの撤退がすでに決まっているのだ。

 この発表以降、ホンダらしい独創的なエンジンを搭載したスポーツカーなどの中古車が軒並み値上がりとなっている。

文/萩原文博
写真/HONDA、編集部

【画像ギャラリー】2007年に試乗・撮影したホンダS2000最終モデル タイプS 厳選写真31枚


S2000の中古は1年前まで平均約250万円だったが……

 最も凄まじい値上がりを示したのが、S660だ。生産終了をアナウンスした3月の時点では約600台もあったのに、5月末には約100台まで減少。

 現在は約250台まで流通台数は持ち直したものの、中古車の平均価格は最安値だった4月末の約176万円から現在は約267万円と約90万円も高騰。なかには500万円を超えるプライスを付けた中古車も流通しているのだ。

 S660同様に、もう二度と登場しない可能性が高いのがS2000。1年前に当時の中古車相場の状況を紹介したが、1年経過した現在S2000の中古車事情はどうなっているのか。

ホンダS2000(販売期間:1999年~2009年/全長4135×全幅1750×全高1285mm)

 ホンダ S2000は1999~2009年の約10年間販売された、FR(後輪駆動)の駆動方式を採用した2シータースポーツカーだ。

 1999~2005年までは最高出力250psを発生する2L直列4気筒DOHC VTECエンジンを搭載。マイナーチェンジを行った2005~2009年までは、最高出力242psを発生する2.2L直列4気筒DOHC VTECエンジンを搭載する。

 組み合わされるトランスミッションは6速MTのみという硬派なクルマだ。前期型の2Lエンジンは最大回転数が9000rpmという超高回転型エンジンで非常にピーキーなのが特長。一方の後期型の2.2Lエンジンは低中速域でのトルクを太くしたことにより、誰にでも扱いやすくなっている。

 ちょうど1年前の2020年7月当時、S2000の中古車事情を見てみると、流通台数は約164台で、平均価格は約252万円。中古車の価格帯は約99.8万~約935万円と幅広くなっていた。

 また、中古車の分布を見てみると、2Lエンジンを搭載した前期型が約109台。後期型が約55台と圧倒的に前期型が多いのが特長だ。それでは、現在のS2000の中古車事情を見てみよう。

S2000の中古車平均価格は1年間で約80万円も上昇

ホンダS2000の中古車は約198台流通しており、最高値は1100万円、最安値で180万円となっている。平均価格は約332万円だった。年代別にみると、2007年10月~生産終了までの最終モデルの価格が一番高いことが判明した

 現在、S2000の中古車は約198台流通していて、1年前より増加傾向となっている。平均価格は約332万円と約80万円も上昇した。そして、中古車の価格帯は約180万~約1100万円となっている。

 1年前にはなかった1000万円オーバーの中古車が1台流通しているのをはじめ、900万円近いクルマが約3台、700万円台が約4台と高価格帯のクルマが増えている。

 一方、最安値でも1年前は1台とはいえ、100万円以下の中古車が流通していたが、現在は最安値が約180万円まで上昇。200万円以下のプライスを付けている中古車がわずか6台という状況となっている。

ホンダS2000の中古車情報はこちら

 年式別の平均価格を見てみると、1999年~2001年8月までが約303.2万円。2001年9月~2003年9月までが約308.9万円。2003年10月~2005年10月までが約418.9万円。マイナーチェンジを行った2005年11月~2007年9月までが約426万円。

 そして2007年10月~生産終了となった2009年6月までが約620.6万円とタイプSを設定し、サスペンションセッティング変更などをおこなったマイナーチェンジ後の最終モデルが高騰している。

 S2000の中古車のグレード構成は、前期型の2.0が約111台と最も多く、次いで後期型の2.2の約39台。そして、2.0タイプVの約21台。2.0タイプSの約17台、2.2タイプVの約5台とやはり前期型の中古車が圧倒的に多い状況は変わっていない。

 一方、最終型といえる2.2タイプSの中古車価格帯は約489万~約900万円とすでに高額となっている。

次ページは : 本気で狙っているなら今がラストチャンス?