スカイラインGT-R RX-7の価格いくら値上がりした? 高騰絶版車ランキング 2021年上半期版

高騰絶版車ランキング2021年上半期版 この1年で一番値上がりしたクルマは?

 国産中古スポーツカーの価格高騰が止まらない。例えば、2021年3月に2022年3月をもって生産終了するとアナウンスしたホンダS660。

 その後の社長就任会見で2040年までにグローバルでEV、FCVの販売割合100%を目指すと発表したことが起爆剤となり、中古車相場が上昇。

 2021年3月の時点で約600台あった中古車が5月には100台を切り、現在は約150台まで戻しているものの、平均価格は2021年5月からの1ヵ月で71万円アップし、現在は約269.3万円まで上昇している。なかには車両本体価格が500万円を超える中古車も出回っている。

 そこで、今回は2021年上半期の中古車総括として、2020年6月から1年間での値上がり幅が大きかった日本車の絶版スポーツカーTOP10を紹介する。

文/萩原文博
写真/トヨタ、日産、ホンダ、ベストカー編集部、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】絶賛高騰中!! 後世に語り継ぎたい珠玉の国産スポーツカー10選


■高騰絶版車ランキング10位/現行FK8型シビックタイプR 値上がり額:約74.8万円

2020年10月9日にマイナーチェンジを実施したシビックタイプR。国内限定200台のリミテッドエディションも発売された

現行型シビックタイプRの中古車情報はこちら!

 まずは第10位。1年前の中古車の平均価格が約420万円で、現在は約494.8万円と約74.8万円値上がりした現行型ホンダシビックタイプRだ。

 第10位でも70万円以上の値上がり幅を記録していることからいかに国産中古スポーツカー市場が高騰しているかがよくわかる。

 現在、現行FK8型シビックタイプRの中古車は64台流通していて、中古車の流通台数も増加傾向だ。中古車の価格帯は約378万~約1200万円と、とうとう1000万円オーバーの中古車が市場に出回り始めた。

 エンジン車の終了宣言に加えて、新車時価格を上回る約580万円以上の価格で販売されている、エアロパーツで空力性能を向上した後期型が出回ったこと中古車相場の値上がりに影響を与えている。もし限定車のリミテッドエディションの中古車が出回ると1000万円を超えるプライスを付けるのは確実だ。

■高騰絶版車ランキング9位/ホンダS2000 値上がり額:約76.6万円

S2000はホンダ車唯一のFRオープンスポーツ。搭載されるF20C型2L、VTECエンジンは最高出力250ps/22.2kgmを発生する

S2000の中古車情報はこちら!

 第9位もホンダ車でFRオープンカーのS2000となった。1年前の平均価格は約252万円だったが現在は328.6万円と約76.6万円もアップした。

 現在S2000の中古車の流通台数は194台で1年前の164台よりは増加傾向となっている。中古車の価格帯は約177万~約1100万円とS2000でも1000万円オーバーの中古車が出回っている。

 しかしこの最高値のクルマはチューニングカーという特殊なモデル。このモデルを除けば、約900万円となるが、700万円以上のクルマが6台。

 500万円以上のクルマが58台と高額の中古車が出回り、平均価格が76.6万円も値上がりしているのだ。その一方で200万円以下の中古車は約10台と価格の安い中古車は減少の一途となっている。

次ページは : ■高騰絶版車ランキング8位/初代ホンダインテグラタイプR 値上がり額:80.2万円