日産GT-Rは中古車市場でも世界最高峰スポーツカーか!? 


 2007年の登場以来、世界最高峰の性能を見せつけてきた日産GT-R。一生に一度は乗ってみたいとひそかに夢を温めている人は多いのではないだろうか。

 そのいっぽうで、GT-Rの中古車相場はやや複雑な背景を持つ。というのも、デビュー時は、現在の新車価格と比べると、格安といっていい値段で発売していた。

 年を追うごとに、装備や走行性能とともにアップしていき、またマイナーチェンジとともに認定中古車制度もあり、価格が入り組んでいる。

 そうはいってもやはり、世界トップクラスに魅力的なクルマであることは間違いなし。

 「いつかGT-Rを買おう」と思っている皆さんのため、GT-Rの中古車相場と狙い目のポイントについて、中古車市場に詳しい自動車評論家に解説してもらった。

 文:萩原文博/写真:日産、ベストカー編集部


GT-Rの華々しい歴史を振り返る

2007年に開催された東京モーターショーで発表された日産GT-R

 今から12年前の2007年に開催された東京モーターショーで、世界が注目するクルマがデビューした。そのブースには朝から取材陣が殺到し、カンファレンス前から異様なムードに包まれていた。

 そして、当時ニュルブルクリンクで打ち立てた7分38秒からカウントダウンが開始され、ステージ場に姿を現したのが日産GT-Rである。

 日産GT-Rは「誰でも、どこでも、どんな時でも最高のスーパーカーライフが楽しめる」というコンセプトのマルチパフォーマンススーパーカーを具現化したモデルである。

 新開発のプレミアム・ミッドシップパッケージを採用。2007年当時、最高出力480ps、最大出力588Nmを発生する3.8L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載していた。

 また、リアアクスルに搭載したでデュアルクラッチ6速AT、電子制御4WDによってハイパワーを余すことなく路面に伝達し、欧州の名だたるスーパースポーツカーに匹敵するパフォーマンスを発揮。

 しかも車両本体価格はスタンダードモデルが777万円、最上級のプレミアムエディションでも834万7500円と現在から考えればバーゲンブライスだった。

GT-R2020年モデル

 GT-Rは登場後もアップデートが重ねられ、最新型となる2020年モデルでは最高出力570ps(ニスモ600ps)、最大トルク637Nm(ニスモ652Nm)までエンジン出力は向上。

 ボディ補強やサスペンションのセッティングも最適化され、初期モデルのサーキット仕様のレーシングカーから公道仕様のグランドツーリングカーへとキャラクターも変更されているのが特徴だ。

GT-Rの認定中古車制度とは

 そして、GT-Rはもう一つ画期的なシステムを導入している。それが、2009年に開始した「認定中古車制度」だ。これは徐々に増加するであろうGT-Rの中古車をより安全で、安心してユーザーに乗ってもらえるようにと導入された制度だ。

導入当初と現在では基準が若干変わっている。

  •  
  • ・最新の認定基準では使用歴は初度登録から5年以内。
  • ・特別点検歴は定められた時期に法定点検およびGT-R特別点検が実施されていること。
  • ・事故修復歴は査定協会基準でなし。
  • ・外観傷は補修済みの状態。故障歴は修復済みの状態。
  • ・改造歴は2009年10月改訂版以降のオーナーズマニュアルに記載されている内容に従って交換・特別点検されていること。
  • ・走行性能に関するメンテナンス状況は2009年10月改訂版のオーナーズマニュアルに記載されている各走行条件における必要点検整備が実施されていること。
  • ・走行距離は累計10万km未満
  •  

 上記のように基準が定めだれており、この8項目全てをクリアしたクルマが認定中古車として販売されるのである。

 現在GT-Rの認定中古車は全国で約8台しかなく、価格は約780万~約1759万円となっておりなかなか手にするのは厳しい状況だ。

 そういう複雑な状況や来歴があるだけに、GT-Rの中古車相場はやや複雑な状況を呈している。

 それでは、さっそくGT-Rの中古車全体の状況を見てみよう。

次ページは : GT-Rの中古車相場はいかに