日産GT-Rは中古車市場でも世界最高峰スポーツカーか!? 


GT-Rの中古車相場はいかに

 現在GT-Rの中古車の流通台数は約175台でわずかながら増加傾向となっている。

 そして、平均価格の推移は2018年末に記録した約672万円を底値に現在は約810万円まで上昇。それに伴い中古車の走行距離は約2万kmまで減少しているので、走行距離が少なく価格の高い中古車が多く市場に出回ったと予想できる。

 なぜなら、GT-Rの初期モデルは777万~834万7500円という価格だったが、2020年モデルでは1063万1520円~2420万円へと車両本体価格が上昇しているため、高年式車が市場に出回ると中古車相場は上昇しやすいのだ。

 さらに、詳しく年式毎に見てみると、初期モデルの2007~2008年式の中古車の平均価格も3カ月前の約532万から現在は約556万円へと上昇。走行距離も3.9万kmから3.7万kmへと減少しているのだ。

中古車を買うなら…? 

 GT-Rの中古車は価格の安いクルマが市場に出回るとすぐに売れてしまい、最安値が上昇するということが見えてきた。

 そこで、GT-Rの中古車の価格帯を見てみると約428万~約2080万円と非常に幅広い。400万円台の中古車は最も流通台数が多い2008年式が中心で、その年式の大手買い取り店における買い取り価格は約310万~約330万円とかなり高めだ。

 したがって、GT-Rの中古車には400万円が一つの壁となっていて、なかなかこれ以上価格が下がりづらくなっているようだ。GT-Rの中古車で最も多いグレードが装備の充実したプレミアムエディションで、全体の約38%となっている。続いて、多いのがブラックエディション。

 そして、ハイパフォーマンスモデルのニスモが続く。最も多いプレミアムエディションの価格帯は約428万~約1189万円で、1000万円を超える中古車は走行距離の少なさが目立つ。

走りをさらに追究したGT-R NISMO

 ハイパフォーマンスモデルのニスモの価格帯は応談を除くと約1225万~約2080万円で、最も走行距離が多いモノでもわずか3.9万kmと走行距離が少ない高品質車が中心となっている。

次ページは : スポーツカーを買う際に注意するべきこと