中古で選ぶならハイエースかキャラバンか?【王者か挑戦者か 究極の選択】


中古車相場でハイエースとキャラバンに決定的な違いはあるのか?

NV350キャラバンの中古車はスタンダードグレードのDXが中心。写真はバンDX(2WD、ガソリン)ロングボディ、標準幅、標準ルーフ

 ハイエースはスーパーGLと呼ばれる最上級グレードが多く流通していたのに対して、NV350キャラバンはスタンダードグレードのDXが中心。

 これはハイエースがパーソナルユースのユーザーが多いのに対して、NV350キャラバンはビジネス用ということを表している。実際カスタマイズ車の比率も圧倒的にハイエースが高いのだ。

 ハイエースとNV350キャラバンは同じキャブオーバータイプの1BOX車だが、探しているユーザー層が大きく異なっているといえるのかもしれない。

中古で狙うなら最終的にどっちがお得?

下取り価格を考えるとハイエースのほうがお得といえそうだ。写真はスーパーGL(2WD、2800ディーゼル、ワイドボディ、ミドルルーフ)

 安く1BOX車を手に入れるのならばNV350キャラバンがオススメといえるし、ハイエースというブランドを手に入れたいという人にとってNV350キャラバンは視界に入らないだろうし、ハイエースこそが唯一無二の存在となっている。

 ハイエースは世界的なブランド価値があり、日本で役目を終えて海外に輸出されることが多いため、リセールバリューが高い。販売台数が多いため、カスタマイズパーツも豊富にあり、自分好みにカスタムが可能。

 NV350キャラバンはハイエースより新車価格は少し安くなっているがクルマを下取り時の査定金額はハイエースのほうがNV350キャラバンより新車価格の差以上に高くなる。

 中古車を買う時だけでなく、売る時のことなど総合的に考えるとハイエースの勝ちということになる。

(画像ギャラリー)ハイエース、キャラバンの内外装、荷室、ボディ形状ほか詳細写真

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ