中古FJクルーザーは今が買い時!! 人気衰えぬハードSUVの代名詞


 レトロなデザインとポップな色遣いで街中を走っていてもひときわ目立つSUVといえばトヨタFJクルーザーでほかにない。今でも根強い人気があるSUVだ。

 見た目はパイクカーのようでもオフロードを走らせれば高いポテンシャルを持っているので、ヘビーなマニアからも絶大な支持を受けている。見た目とのギャップも魅力的だ。

 そのFJクルーザーも2018年1月に生産終了となり、手に入れるためには中古車で買うしかなくなってしまった。

 中古市場で流通しているタマ数、中古相場を調査すると同時に、今度の動向についても予想してみた。

文:萩原文博/写真:TOYOTA、平野学

【画像ギャラリー】今後確実に値上がりするFJクルーザーファイナルエディション!!


日本発売前は並行モノが高値で販売された

FJクルーザー
販売期間:2010年12月~2018年1月
新車価格帯:324万~349万2720円(2018年1月時点)

日本では北米から約4年遅れで販売を開始したFJクルーザー。ボディサイズは全長4635×全幅1905×全高1840mm。ワイドだが見切りは悪くない

 エスティマ、マークXの生産終了がアナウンスされ、車種統合のウワサも噴出しているトヨタ。RAV4をはじめ、C-HRやハリアーといったSUV系の車種が好調にもかかわらず、2018年1月に販売終了したSUVがある。それが今回紹介するFJクルーザーだ。

 FJクルーザーは海外市場向けのモデルとして開発され、2006年から北米、2008年にはメキシコや中国で販売されたミドルサイズSUVだ。

 丸目のヘッドランプ、フロントグリルの中央に輝くTOYOTAエンブレム、そしてホワイトルーフは名車FJ40型ランドクルーザーをオマージュしたもの。

これがFJクルーザーがオマージュするFJ40型ランドクルーザーで1960年にデビューし、モデル改良を受けながら70系がデビューする1984年まで生産された

 また、両側大開口観音開きドアを採用した個性的なスタイリングでヒットモデルとなった。北米市場で高い人気を誇るいっぽうで、日本仕様が発売されないことから、海外仕様車を日本に並行輸入し、高値で販売されるようになるほどの人気となった。

 そうした影響もあり、日本でFJクルーザーは2010年11月25日に発表され、12月4より販売開始となった。

トヨタが日本で販売するまでFJクルーザーの並行モデルが数多く販売された。北米モデルは左ハンドルであるほか、ドアミラーにウィンカーが装着される

走りは本格オフローダー

 FJクルーザーはプラットフォームにフルフレーム構造を採用し、車両全体の高いねじりや曲げに対する剛性を高め、強度と耐久性を確保。また、高い衝突安全性能とともに、オンロードでの静粛性も実現している。

 搭載されているエンジンは最高出力276ps、最大トルク380Nm(38.8kgm)を発生する4L、V型6気筒DOHCの1種類で、吸・排気バルブの開閉タイミングを最適に制御するDual VVT-iを採用。10.15モード燃費は8.4km/Lという燃費性能を実現。

エンジンは3代目ランクルプラド(120系)、4代目ハイラックスサーフに2005年から搭載されたものと同じ4L、V6DOHCの1GR-FE(276ps/38.8kgm)

 そして駆動方式は2WDと4WD走行を切り替えられるパートタイム式の4WDシステムを採用。オフロードパッケージにはリアデフロックを標準装備し、砂地などで片輪が空転しまった場合には駆動力を両輪に同等に配分し高い悪路走破性を実現している。

 また、シート表皮には防水・撥水ファブリックシートを採用しており、水着やウェットスーツを着たままでも使用可能。フロアデッキカーペットには清掃しやすいラバー調素材を採用するなどタフギアに相応しいユーティリティの高さを誇っているのが特徴だ。

防水・撥水シートのほか、ヘビーデューティに耐えるようにフロアマット類はラバー調素材が採用。汚れても簡単に掃除できて重宝する

 さらにオプションで、前後左右のショックアブソーバーに中間ユニットを介して、対角線に連結し、相互の作動差に応じて、最適な補助減衰力を中間ユニットが付加するX-REASやオフロードなどでスリップして、グリップが回復するまで空転した車輪にブレーキをかけ、残りのタイヤに駆動力を配分するアクティブトラクションコントロールを設定するなど、本格オフローダーらしさもうかがえる。

 それでは、絶版車となり、中古車でしか手に入らないFJクルーザーの中古車事情を見てみよう。

FJクルーザーはトヨタのSUVの特別な名称であるクルーザーの名に恥じない本格オフロード性能を持つ。オンロードでの走りの質感も高い

次ページは : 相場の落ちは今後鈍くなる

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ