【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  

 最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。

 そのほか、ライズ&ロッキーとマツダ3 SKYACTIV-X搭載車初試乗や、新型ハスラー情報などといった注目車種の情報、独自の企画とともに盛りだくさんの内容でお送りする。


【注目車続々登場へ】ガソリンエンジンの逆襲!!

 現況、ピュア内燃機関、とりわけガソリンエンジンには強烈な向かい風が吹いていることはまぎれもない事実である。

 この先、この向かい風が弱まることはないどころか、ますます強いものとなっていくことは避けられない。

 2030年度に向けた最新の燃費基準は、2016年度実績に対し約3割改善が「努力目標」ではなく「必達義務」として掲げられている。

 こうなると、各自動車メーカーによるガソリンエンジン自体の高効率化など、さらなる進化が必要不可欠となっていく。

 スクープ班が入手した情報から、日産、レクサス、トヨタ、ホンダらが開発を進めている最新ガソリンエンジンを解説する。EV化が進む今日にどう食いついていくのかが気になるところである。

 また、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなどといった新型車の情報を予想グラフィックとともに紹介していく。

集中BIG特集 日本車ザ・ベストテン

 2019年を締めくくるランキング「日本車ザ・ベストテン」を開催!! 

 現行の日本車をすべて対象にし、20名のモータージャーナリストがそれぞれ「自分のベストテン」を決定。それをF1のポイントシステムに合わせて得点化し、総合順位を決めるというものだ。

3代目RAV4販売終了後、2年8カ月を経て再登場。
さて、RAV4は何位に選ばれるのか? 

 今年登場した新型RAV4、新型カローラ、GT-R2020年モデル、マツダ3がどの順位にはいるのだろうか? 

 ベストテンとともに、惜しくもベストテン入りを逃した11位から30位までのクルマたちと各選出者たちのベスト10車も同時に発表。モータージャーナリストによる解説により、魅力的なクルマ、いいクルマ、買いのクルマが明確にわかる。

 日本車ザ・ベストテンの詳しい詳細は、本誌12ページから掲載されているので、要チェックだ!! 

「2020年度日産ニューカー一気投入計画」ほか独自企画を多数掲載

 日本市場を軽視しすぎだ! と非難を浴び続けてきた日産。2020年度内に5車種とも6車種ともいわれる新車を投入することが判明。

 本誌連載「地獄耳スクープ」でおなじみの遠藤徹氏が新車情報を報告する。どんなクルマが登場するのか、そのすべてを教えます。

 そのほか「ライズ&ロッキー初試乗! 」、「世界のクルマがSUVになる日」など、独自企画を豊富に展開するベストカー1月10日号は、本日より全国の書店・コンビニエンスストアで絶賛発売中!

ベストカー2020年1月10日号 目次

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ