日本車FRの復権 次期アテンザは直6FRに! ベストカー4月26日号


 ベストカー4月26日号が、3月26日に発売。

 今号の巻頭では「FR」、すなわちフロントエンジン・リア駆動の国産車に関する衝撃のスクープをお届けする。

 これまでメルセデスベンツ、BMW、そしてジャガーらが主戦場としていた本格派のFR車市場に、いよいよ日本車が出撃だ。

文:ベストカーWeb編集部


欧州プレミアムに挑む3台の国産FR車

 現在、国産のFR車といえば、86/BRZなどのスポーツモデル以外では、トヨタ・日産系の上級セダン、クーペに一部残るのみとなっており、その数は多くない。

 ところが、今後国産FRに復権の狼煙が上がる。本誌で詳報するのは3台のニューモデル。

 その筆頭が、現在は前輪駆動のFF車となっているマツダ アテンザだ。マツダは現在、FRのセダンを開発中とみられており、これが次期アテンザとして販売される可能性が高い。

 しかも、そのエンジンは直列6気筒ディーゼルだというから、なおさら注目度高し!

 本誌では、この次期アテンザのほか、FRに生まれ変わる2代目トヨタ MIRAI、そしてスポーツセダンとしてのキャラクターを、より強めて登場する見込みの次期スカイラインについて詳報。

 本誌スクープ班の情報をもとにした予想CGを掲載している。

新型VWポロは日本車の脅威となるのか!?

国産実力派コンパクトのスイフト(左)と新型ポロ(右)
国産実力派コンパクトのスイフト(左)と新型ポロ(右)

 日本市場において人気の高いカテゴリーは、コンパクトカーとミニバン。なかでも日産 ノートやトヨタ アクア、ホンダ フィットなどが属するクラスが欧州でBセグメントと呼ばれ、小型ハッチバックが鎬を削るクラスだ。

 その“欧州Bセグ”で、最も定番のモデル、フォルクスワーゲン ポロが久々にフルモデルチェンジを果たし、ついに日本上陸。

 サイズは、歴代初の3ナンバーとなったことでも話題だが、人気車ひしめく国産コンパクトの脅威となり得る存在なのか、本誌で徹底解説する。

次ページは : 特集「ニッポンの三択」ほか独自企画満載

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ