なんたって今号はスクープ、Scoop、SCOOPの大特集だ!! ベストカー8月10日号


 2022年の夏。全国的に早い梅雨明けと思ったら、戻り梅雨になったりという感じですが……、「暑い&熱い!」という夏であることは間違いなし、です!

 そんななか好評発売中のベストカー8月10日号は「激アツ! 新車SCOOP今わかっていること全部出しスペシャル」という大特集が一番のウリです。

 2022年も上半期を過ぎたところで、これまでのSCOOP情報を惜しみなく一気に見せる大特集。これから誕生する50台の新モデルがすべてわかる大興奮特集を巻頭カラーでお届けします!

 さらに、みんなが気になるトヨタ新型クラウン。もうすぐ7月15日にデビューしますが、ベストカーがつかんだそれの直前情報の企画もかなり注目。「やはり噂は本当だった!」というキーワードがピタリとくる、クロスオーバーサルーンにクラウンが生まれ変わっています(驚き!!)。

 モノクロ巻頭は「最新TURBO特集」。電動化の波が今ジワジワときているかたこそ、内燃機関が生み出すう今のターボの魅力に迫りたい……ということで、「ターボ今昔物語」や「3名の評論家が推す、乗ってほしいターボモデル5台」などのテーマでお届けします。

 必見&必読という意味では「世界を揺るがすあの独裁者の専用車」という企画もあります。ロシア・プーチン大統領などの首脳たちの「専用車」に迫ります。

 そのほか、「自動車教習所・元教官がBC編集部員の運転チェック!」という他誌では掲載しない企画や、「年収300万円時代の自動車愛好術」という企画も読んでほしいです! ベストカー8月10日号は暑い夏をさらにアツくさせます!!

文/ベストカー編集部
写真/平野 学 ほか


■これから登場する50台の情報を一気見せ! 「SCOOP情報全部出しSpecial 2022年夏バージョン」

 毎号スクープ情報をお届けしているベストカーですが、2022年も上半期をすぎたところで、これまでの情報を一挙出し! という大特集です。

 スポーツモデル、SUVから軽自動車まで、カテゴリー別にこの先誕生する新車情報、50台分紹介します。例えば、日産R36GT-R、レクサスLFAII、トヨタ新型ランドクルーザープラド、トヨタ新型プリウス、マツダ新型MAZDA6……など。当然のことですが、今開発が進んでいるモデルばかりです!!

やはり噂は本当だった!!「7月15日、新型クラウン デビュー」

 ここ半年、クルマ好きの耳目を集め続けてきてトヨタ新型クラウンがついに7月15日にベールを脱ぎます。

 「次期型クラウンはSUVになる!」。そんな衝撃的情報を伝えたのが2020年1月の中日新聞でした。以来の2年半、ベストカーのSCOOP班はその情報の真偽を追ってきました。

 そして新型車発表前の6月、「新型クラウンはクロスオーバーサルーンに生まれ変わる!」という確定情報を入手! その入手した情報を惜しげもなく伝える企画です。FFプラットフォームの電動4WD、新開発2.4Lターボ搭載の1モーター+6速ATハイブリッドというパワートレーンや、全高1540mmという背の高さ、全幅が1840mmになった……などの詳細もお届けします。

■この加速感、味わうなら今でしょ! 「令和の今、最新TURBO特集」

 世界的に電動化の波が少しずつきている状況ですが、内燃機関特有の加速感は捨てがたいし、今こそ味わいたいものです。

 以前のターボは「速さ」をアピ―ルするための特別な道具でしたが、現在では燃費とパワーを両立することができるなど「当たり前」のパーツになっている部分もあります。

 そんななか、ターボの魅力を再確認する特集をお届けします。「ターボ今昔物語」&「ターボ、とっておきの四方山話」や「現行国産車 ターボモデル全リスト」、「3名の評論家が推す、乗ってほしいターボモデル5台」などのテーマでお届けします。

次ページは : ■ある意味、興味津々!「世界を揺るがすあの独裁者の専用車」がわかる

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ