ホンダの超売れっ子大進化? ADV150後継スクーター・ADV160が2023年初頭発売か


クロスオーバースタイルで人気を集めるADV150の後継機種「ADV160」がインドネシアで発表。PCX160をベースに生まれ変わり、パワーと使い勝手、スタイルにより磨きを掛ける。その変更点を解説するとともに、国内仕様がどうなるのか大予想してみた!

文/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】魅力アップしたADV160の細部とスペック比較を見る!(7枚)画像ギャラリー

PCX160ベースに刷新、より上質なデザインも手に入れた

 PCX150譲りの軽快な走りと実用性に、アドベンチャースタイルを組み合わせ、高い人気を誇るホンダのADV150。2021年の販売台数では126~250ccクラスで年間5位、ホンダ車ではクラス3位をマークした人気車だ(『二輪車新聞』調べ)。

 その後継モデルとなる「ADV160」が7月1日、インドネシアで発表された。

 デザインを変更するとともに、2021年にフルチェンジしたPCX160がベースモデルに。エンジンは149→156ccにアップし、トラクションコントロールのホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC)を獲得した。さらにフレームなどの車体もPCX160を受け継いでいる。

 まずは外観から詳しく見ていこう。従来型も750ccのシリーズ最上級モデル「X-ADV」の系譜に連なるSUV風のタフなデザインだったが、新型の160ではより洗練された造形に。アーバンな冒険モデルというキャラクターを踏襲しながら、より都会的な雰囲気となっている。

ADV160は外装を一新。精悍さを増し、センタートンネルが目立たちにくい形状と色に。テールカウルのサイドもフラットなデザインとなった。2022年に欧州で登場したADV350とも似ている

4バルブ化とトラコン、好評の車体も獲得し、走行性能アップ

 エンジンは、2021年に新設計されたPCX160がベースだ。新たに156cc4バルブヘッドの「eSP+」を搭載し、出力とトルクを向上。また、ADV150は2022年11月から全面適用される令和2年排ガス規制をクリアしていなかったが、PCX160と同様、国内版ADV160がこれに適合してくるのは確実だ。

 そしてトラコンのHSTCにより、滑りやすい路面でも安心感がアップ。従来からのアイドリングストップは継続採用されている。

 フレームもPCX160に準じた新形状で軽量&高剛性を両立。同時に、シート高が795→780mmにダウンし、足着き性が向上しているのは朗報だ。なおフロント14インチ&リヤ13インチタイヤは変わらず、前後サスやブレーキも同様と見られる。

 PCXは150から160にモデルチェンジした際、安定感のある乗り心地と同時にスポーティさまでアップしている。ADV160も同様の走りを獲得しているハズだ。

動力性能では4バルブ化のほか、トラコンの採用が目玉。雨天時などに後輪のスリップを抑制してくれる

ロングスクリーンや新型メーター、メットイン容量増など実用性に隙なし

 装備も一段と充実している。ショートスクリーンはロング&大型化され、高速走行時の防風性を向上。ADVシリーズ共通イメージの別体式液晶メーターも一新され、タコメーターが追加された。

 新フレームの採用によりシート下のメットインスペースは27→30Lに拡大。フルフェイスヘルメット1つに加え、カッパなどが余裕で収まる。

 電源は従来の12V電源からUSBタイプAに変更。便利なスマートキーは継続採用される。

メーターは大型化され、左側にタコメーターを追加。視認性もアップしている。アドベンチャーモデルらしいテーパードバーハンドルは継続採用

次ページは : 国内向けにグレーが設定? 発表時期は10月頃か

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ