新型アドレス125とアヴェニス125が国内デビュー間近!? スズキ原二初のスマホ連携+ナビで追撃か

新型アドレス125とアヴェニス125が国内デビュー間近!? スズキ原二初のスマホ連携+ナビで追撃か

 スズキの125ccスクーター、スウィッシュおよびアドレス125シリーズが間もなく生産終了となる。これでスズキから125ccスクーターが消滅してしまう? と思いきや、新型の「アドレス125」と「アヴェニス125」が近々登場するらしい。

 しかも、このクラスで同社初となるスマホとのコネクト機能を搭載する模様。ライバルより買いやすいプライスにも期待できそうだ!

文/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】使い勝手アップ! 新型アドレス125とアヴェニス125の詳細をチェック(9枚)画像ギャラリー

欧州で発表された2台が国内にもデビューする?

 2022年11月1日から全面適用される令和二年二輪車排ガス規制を前に、バイクのラインナップが減少しているのは当Webでも既報のとおり。11月1日以降に生産された車両は、厳格な新排ガス規制をクリアする必要があり、これに対応せず殿堂入りする車両が相次いでいる。

 スズキの原付二種(51~125cc)スクーターには、スウィッシュ/リミテッド、アドレス125/フラットシート仕様がラインナップされているが、いずれも排ガス規制に対応せず、既に「生産終了」が告知されている。

 このクラスのスクーターでは唯一アドレス110のみ「生産終了」がアナウンスされておらず、今後も存続する見込み。しかし、125ccスクーターに関しては次期モデルの発表がなく、動向が注目されていた。

 そんな中、近々新型125ccスクーターが2車種発表されるとの情報をキャッチした。

 スズキは2023年モデルとして欧州に10月から「アドレス125」と「アヴェニス125」を投入。これが日本でもリリースされるらしいのだ。

欧州で10月から発売される次期アドレス125(写真は英国仕様)。落ち着いたレトロモダンなデザインで、国内にも導入される模様だ。インドでの呼称はアクセス125
欧州で10月から発売される次期アドレス125(写真は英国仕様)。落ち着いたレトロモダンなデザインで、国内にも導入される模様だ。インドでの呼称はアクセス125

インド生産のアクセスとアヴェニスがベース

 2台は元々スズキがインドで2021年11月に発売したモデル。現地でアドレス125は「アクセス125」を、アヴェニス125は「アヴェニス」を名乗る。信頼性と燃費に定評がある124ccの空冷SEPエンジンに加え、前12&後10インチホイールの車体など共通プラットフォームを採用している。

 新型アドレス125は、丸みを帯びたプレーンなデザインが特徴。フラットなタンデムシートとグリップで2人乗りも得意そうだ。対してアヴェニス125はエッジの立ったボディや跳ね上がったマフラーなどスポーティさが光る。

 エンジンは、令和2年排ガス規制に相当するインドのBS6ならびに欧州のユーロ5に適合済み。2車ともにLEDヘッドライトを採用するほか、充電用USBポート、ワンプッシュでセルが始動するスズキイージースタートシステムなど実用装備も充実している。

同じく欧州に登場するアヴェニス125。基本設計は共通ながらスポーティな装いだ。英国仕様ではコネクト機能のないグレードに存在する白を設定。トップ画像のスズキカラーはインド仕様だ
同じく欧州に登場するアヴェニス125。基本設計は共通ながらスポーティな装いだ。英国仕様ではコネクト機能のないグレードに存在する白を設定。トップ画像のスズキカラーはインド仕様だ

次ページは : 国産アンダー400で唯一無二のスマホ連携+ナビ機能が自慢

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!