ホンダCL250&500国内仕様の全色と発売時期をスクープ! 大注目スクランブラーの日本版はどうなる!?

ホンダCL250&500国内仕様の全色と発売時期をスクープ! 大注目スクランブラーの日本版はどうなる!?

 11月8日からミラノショー(EICMA)が開幕! 予想どおりホンダから注目作のCL250&500が発表された。

 レブル250&500をベースに昔ながらのシブいスクランブラースタイルに身を包み、ちょっとしたオフロード走行もOK。CL250は3月にも国内発売、500はやや遅れて登場する模様だ。モデルの詳細とともに、当webがつかんだ国内仕様の独自情報を余す所なく紹介しよう!

文/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】CL250&500のディティールと車体色をチェックしてみる!(14枚)画像ギャラリー

ミラノで500を正式発表、続いて250の一部情報も公開

 当webでスクープしていたホンダのCL500がミラノショーで発表された。ミラノでCL250の発表はなかったが、国内向けの情報サイト「Honda GO バイクラボ」で存在が明らかに。同サイトは、国内の二輪販社HMJ(ホンダモーターサイクルジャパン)による運営。現時点で日欧のホンダ公式HPで正式発表されていないが、国内登場は確実だ。

 「CL」はホンダ伝統の車名で、オンロードモデルを不整地走行向けにモディファイした“スクランブラー”に冠される。初代CL72スクランブラーは1962年に登場し、アップマフラーにロングサス、大径ホイールなどが特徴。後年に登場したCLシリーズも同様のスタイルを踏襲し、いずれも懐古的なデザインが大きな魅力となっている。

 新作のCL250&500もこれらの伝統を継承して登場した。さらにタンクパッドやフォークガード、ショートフェンダーを装備。ホイールサイズはフロント19&リヤ17インチでオフロードでの走破性も高そうだ。

 ベース車は最新のレブル250&500で、CL250は単気筒、CL500は並列2気筒を搭載。フレームや足まわりは専用設計だ。

ロングサスやアップマフラー、タンクパッドなどスクランブラーのCLらしい専用装備を与えた新型CL500(欧州仕様)。レブルをベースとしながら、独自のスタイルを構築している
ロングサスやアップマフラー、タンクパッドなどスクランブラーのCLらしい専用装備を与えた新型CL500(欧州仕様)。レブルをベースとしながら、独自のスタイルを構築している

CL500の心臓部は独自の味付けでスムーズな加速を実現

 まず詳細な情報が明らかになったCL500から解説しよう。開発コンセプトは「Express Yourself」。スタイルに敏感な若者がターゲットだ。

 ユーザーのライフスタイルにフィットし、毎日の通勤から週末のロングライド、軽いオフロード走行までこなす。さらにカスタムの自由度が高く、個性をアピールできる。

 実はクルーザー風のレブルも国内HPでは同じ「Express Yourself」のキャッチコピーを謳っているが、CLはよりプレーンなデザインと万能な走りで一段と個性を表現しやすいのだろう。

 471cc並列2気筒エンジンは、独自のECU設定と二次減速比を採用。リヤスプロケットはレブルの40Tから41Tにショート化し、街乗りでもダートでもスムーズな加速を提供する。

 欧州仕様の2023年型レブル500が34.0kW(46.2ps)/8500rpm、43.3Nm(4.41kg-m)/6000rpmなのに対し、CL500は34.3kW(46.6ps)/8500rpm、43.4Nm(4.42kg-m)/6250rpm。最高出力、最大トルクともに増大した。また、アシスト&スリッパークラッチをレブルから踏襲している。

レブル500と同様、CBR500R系の471ccのDOHC4バルブ水冷並列2気筒を搭載。FIマッピングやドリブンギヤを変更し、独自のセッティングが施される<br>
レブル500と同様、CBR500R系の471ccのDOHC4バルブ水冷並列2気筒を搭載。FIマッピングやドリブンギヤを変更し、独自のセッティングが施される

次ページは : 専用フレームにロングサス+ブロックパターンタイヤで走破性アップ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!