【速報】国内復活するCB1000ホーネットとCB750ホーネットは秋以降発売!? 2025年はフルカウルの1000Sも登場か

【速報】国内復活するCB1000ホーネットとCB750ホーネットは秋以降発売!? 2025年はフルカウルの1000Sも登場か

 「ホーネット=スズメバチ」とい名前が登場したのは、1995年の東京モーターショーでのことだ。CBR250系のカムギアとレーンのDOHC4気筒エンジンを搭載し、アップタイプのマフラーなどを装備した斬新なデザインが目を引いた。250ccモデルは一代で姿を消したが、ヨーロッパでは人気の高いストリートファイターモデルへと進化。いったんその名は消滅したが、2022年に「CB750 ホーネット」、2023年にはさらに上級モデルとなる「CB1000 ホーネット」が発表されたのだ。

 

2024年スズメバチの逆襲が始まる

 初代ホンダ ホーネットは250ccモデルから始まり、ミドルサイズの車体に600cc、900ccのエンジンを搭載していった稀有なハイパフォーマンスバイクだ。全てのモデルに搭載されたエンジンはスーパースポーツ系のインラインフォーで、日本でいう「ネイキッド」カテゴリーを超越し、独自のカテゴリーを築いたと言っても良い存在だ。2007年にモデルチェンジした「CB600 ホーネット」は、ヘッドライトをそれまでの丸型からいわゆるストリートファイターテイストのミニカウル付きへと大きくデザイン変更された。このデザインは「CB1000R」へと受け継がれ、ストリートファイターカテゴリーの旗手としてヨーロッパで人気を博した。しかし、2018年のモデルチェンジでCB1000RはLEDを採用した丸型ヘッドライトを採用し、ベーシックなバイクのデザインをリブートした新しいスタイルを採用したのである。

しかし、ヨーロッパで主流となるストリートファイターカテゴリーには、各メーカーが力の入ったモデルを次々に発表し続け、2気筒の650〜800cccと、4気筒のインラインフォーモデルが主に展開されている。ホンダでもストリートファイターデザインのパラレルツイン750ccを搭載した「CB750 ホーネット」を発表。それに続いて、インラインフォー1,000ccの「CB1000 ホーネット」を2023年のEICMAにて発表し、2024年のモーターサイクルショーにおいて「CB1000 ホーネット」の国内販売がアナウンスされた。そして、その販売時期は2024年の夏頃になると予想されていたが、今回2024年の秋冬頃になるとの最新情報をキャッチした。

20240507_CB1000

2024年3月のモーターサイクルショーで発表されたCB1000 ホーネットの国内仕様

 

 

20240507_CB1000

ショートテールがシャープなリアビューを生み出す、現代的なストリートファイターデザイン

 

 

20240507_CB1000

エンジンはCBR1000RR由来のインラインフォー999ccで、最高出力は150PSを超える

 

20240507_CB1000

LEDライトを採用し、ストリートファイターらしい引き締まった印象のフロントカウル

 

20240507_CB1000

エッジの効いたデザインのタンクには、シュラウド風のデザインを採用

 

 
 
 

ついに国内導入が予想される2気筒のスーパースポーツ「CB750 ホーネット」

 CB1000ホーネットが当初の予想よりも導入が遅れるのはホンダファンにとっては少々残念な情報ではあるが、それと同時に喜ばしい情報もいくつか入ってきている。まずひとつめは「CB750 ホーネット」の国内導入との予想だ。時期はCB1000ホーネットと同じ秋冬頃と思われる。

 現在国内展開されているカワサキの「Z650」、スズキの「GSX-8S」、ヤマハの「MT-07」などパラレルツインのストリートファイターモデルカテゴリーはそのバランスの良さや扱いやすさなどから幅広い層に受け入れられている。ホンダではインラインフォーの「CB650」があり、Eクラッチの採用などで進化しているが、パラレルツインのミドルスポーツに関しては空席になっていた。「CB750 ホーネット」が搭載するエンジンはトランザルプと同じSOHC2気筒の755ccで、ヨーロッパ仕様のスペックは67.6kW(91.2PS)/9,500rpm、75N・m/7,250rpmを発生する。ライバルであるスズキの「GSX-8S」はDOHC2気筒775ccで、国内仕様のスペックは59kW(80.2PS)/8,000rpm、76N・m/6,800rpmなので、ホーネットの方が高回転、高出力タイプと言えるだろう。

 

20240507_CB1000

ギュッと締まった筋肉質なデザインは、ストリートファイターらしい仕上げ

 

 

20240507_CB1000

日本人にも最適なサイズ感で、取り回しなども楽に行なえそうだ

 

20240507_CB1000

755ccの2気筒エンジンは、SOHCの4バルブという最近では珍しい形式

 

20240507_CB1000

メーターはカラー液晶だが、アナログ表示されるタコメーターが心を躍らせる

 

 

20240507_CB1000

エンジンを共用するトランザルプは、ひと足先に国内に導入されている

 

これが本命? フルカウル仕様の「CB1000 ホーネットS」も続く!?

 もうひとつは以前一度お知らせしているCB1000 ホーネットのフルカウル版、編集部命名「CB1000 ホーネットS」の登場の可能性があるということだ。インラインフォーのストリートファイターをベースにしたスポーツツアラーとしては、Z1000をベースにしたカワサキの「Ninja1000SX」や、GSX-S1000をベースにしたスズキの「GSX-S1000GT」がある。スーパースポーツ由来のエンジンをベースにしたこれらのスポーツツアラーは、スーパースポーツよりも楽なポジションと、ストリートファイターよりも防風効果の高いカウルを装備し、幅広いステージで高い性能を発揮する。そのためツーリングから街乗りまで1台でこなせ、最もマルチに使えるカテゴリーとして定着しつつある。ホンダとしてはVFR800Fがそのカテゴリーにあったが、生産終了したV型と入れ替わる形でスポーツツアラーが復活するかも知れないのは吉報と言えるだろう。

 

20240507_CB1000

画像は編集部で制作したCG。スタイリッシュなフルカウルは、近年のCBシリーズの流れに沿ったものになる!?

 

 

20240507_CB1000

画像は編集部で制作したCG。スポーティでありながら、高めにセットされたハンドルなどでポジションはアップライトなものになると予想した

 

 さて、「CB1000 ホーネット」、「CB750 ホーネット」、「CB1000 ホーネットS」というホンダが繰り出す三つの選択肢。どれも魅力的で悩ましく、発売までの間にあなたは答えを出せるだろうか? 続報を待て!!

CB750 ホーネット(2023・海外仕様)

・全長×全幅×全高:2,090×780×1,085mm

・ホイールベース:1,420mm

・シート高:795mm
・車重:190kg

・エンジン:水冷4ストローク2気筒SOHC4バルブ 755cc

・最高出力:67.5kW/9,500rpm

・最大トルク:75N・m/7,250rpm

・燃料タンク容量:15.2L

・変速機:6段リターン

・ブレーキ:F=ダブルディスク、R=ディスク

・タイヤ:F=120/70 ZR17、R=160/60 ZR17

CB1000 ホーネット(2024・海外仕様)

・エンジン:水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブ 999cc

・最高出力:150PS以上

・最大トルク:100N・m以上
・変速機:6段リターン

・ブレーキ:F=ダブルディスク、R=ディスク

・タイヤ:F=120/70 ZR17、R=180/55 ZR17

 

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。
https://news.webike.net/motorcycle/373846/

【速報】国内復活するCB1000ホーネットとCB750ホーネットは秋以降発売!? 2025年はフルカウルの1000Sも登場か【画像ギャラリー】
https://news.webike.net/gallery2/?gallery_id=373846

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!